ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
スマントリとスコスロノの場面解説&フォト
c0115958_13311261.jpgc0115958_13281087.jpg1 <ジャティサロノ村>
スコスロノが道化たちと遊んでいるところへ兄スマントリがやってきた。兄はマエスパティ国に仕えることを告げ、弟に別れのあいさつをする。
スコスロノは置いてゆかれることを悲しみ、気づかれぬようにスマントリの後を追う。


2 スマントリ、父スウォンドグニにいとまごいする。

3 c0115958_13235865.jpg<マエスパティ国>
アルジュノソスロバフ王は、スマントリを家来とするかわりに、マゴド国の王女チトロワティを自分の妃として連れて戻るよう命ずる。



c0115958_1324546.jpg4 <マゴド国 兄を救う弟>
スマントリは、チトロゴド(チトロワティの兄)に行く手を阻まれ、たたかいとなる。スコスロノの不思議な力により、スマントリは勝利する。

5 <結婚の条件>
チトロワティは、マゴド国にある大庭園スリウダリを、そっくりそのままマエスパティ国に移すことができれば、アルジュノソスロバフ王の妃になってもよいという条件を出した。

6 <ゴロゴロ 道化たちのお楽しみ時間>

7 <スコスロノふたたび兄を救う>
スマントリがチトロワティの無理難題に絶望しているところ、弟スコスロノがやってきて、マエスパティ国へ大庭園を移すことを引き受ける。

8 c0115958_13252770.jpg<スリウダリの園を移す>
スリウダリ中の花や木をすべて、手のひらの中にするりと込めて、スコスロノはマエスパティ国を目指し空駆けた。そうしてチトロワティはアルジュノソスロバフ王の妃となった。



c0115958_13255559.jpg9 <アルジュノソスロバフ王の怒り>
チトロワティは、王に皮肉を言う。「腰抜けの王よ、ウィスヌ神の生まれかわりと言われるほどのあなたが、妻さえ自分で探せないとは。あなたはスマントリにおよびません。」
王は怒り、巨大なるブラホロに変身する。チトロワティとスマントリは恐れをなして、王に許しを請う。

10 <スリウダリの園>
ある日、チトロワティは庭園でスコスロノの姿を目にし、怯えた。王はスマントリを呼び寄せ、告げる。「庭に妖怪がいる。追い出せ、殺してしまえ」

11 c0115958_13263141.jpg<スコスロノの死>
スマントリはスコスロノに、庭園からも、さらにはマエスパティ国からも去ることを強いる。「これまでぼくは何度も兄さんを助けてきたのに、どうして。」
スコスロノが走り寄った時、スマントリの剣がスコスロノの体を貫いた。
「兄さん!兄さんにもいずれ死がやってくる、それをぼくはずっと待っているよ、僕の魂は兄さんと一緒でなければ天界へはゆけないんだ!」

12 <マエスパティ国>
あれから行く年が過ぎた。アルジュノソスロバフ王を倒すため、魔王ラウォノが襲来する。王に命じられ、スマントリは闘いに応じる。

13 c0115958_13265227.jpg<スマントリの死>
魔王ラウォノが闘いに破れると思われたそのとき、スコスロノの魂が現れ、ラウォノの牙に入る。スマントリはその牙にかかり、命を落とす。
スマントリとスコスロノ、ふたつの魂はふたたび出会い、とわの喜びに包まれ、天界へと昇っていく。



14 c0115958_13271282.jpg<道化の涙>
スマントリ、荼毘に付される。ともに過ごした日々を想い、道化たちが涙を流す。

<完>
c0115958_13323744.jpgグヌンガン・・・世界を現す樹、山のようなものという意。

[PR]
by hanajoss | 2010-06-16 13:33 | ワヤン演目
<< 6/17ガムラン、舞踊コンサー... 記録:マンガンナイトクルーズ2... >>