ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
5/29ワヤン”ビモ・ボトッ”@堺町画廊
おかげさまで無事終了しました。

ーイベントのお知らせー
インドネシア・ジャワの影絵芝居
ワヤン・クリ ”BIMA BOTHOK" 
ビモ・ボトッ ~ビモのおにたいじ~


日時:2011年5月29日(日)15:00~
場所:堺町画廊 京都市中京区堺町通御池下る
            TEL&FAX:075-213-3636
料金:2000円(前売り) 2500円(当日) ジャワティとコラッ(ココナツとお芋のおしるこ)つき

今年の演目となります”ビモ・ボトッ”を
京都の堺町画廊で、初演いたします。
上演中に、ちょうど西日が差し込む時間があります。
少し薄暗い画廊の中が夕日に強く照らされたとき、
そんな一瞬にみせる、ワヤンたちの表情も、お見逃しなく・・・。
なお、
今回は、影からも人形からもご覧いただけるようになります。
さらに、堺町画廊さんのご厚意により
本物のバナナの幹を一本使用いたします。

お問い合わせは、ハナジョス、または堺町画廊へ!
c0115958_012987.jpg



★あらすじ★
BIMA BOTHOK ビモ・ボトッ ~ビモのおにたいじ~
            ※ボトッ・・・ココナッツや豆、卵を使ったジャワ島の家庭料理

ビモとその家族は、いまや敵国のクロウォ一族に屋敷を焼かれ、
深い森をあてもなくさまよっていた。
いつしか村を見つけ一夜の宿を借りることができたが、
夜更けに、家の奥で人の泣く声がする。
ビモがわけを尋ねると、主人は答えた。
「この村には人喰い鬼が来る。わたしたちはそのたびに、
米と、水牛2頭、そして、村人をボトッの味付けにした上で、
鬼に渡さなければならないのです。
逃げ出した者も多く、村にはもう誰もいません。
次はわたしたちの番なのです。」

宿をかしてくれたお礼に、
ビモは自分がボトッになり、鬼のもとに出向こうとする。
すると、どこかから道化のプノカワンがやってきて、
たっぷりの香辛料を使い、たちまちビモを調味した。
おいしい香りをさせたビモ、いざ鬼の王宮広場へと向かう。
[PR]
by hanajoss | 2011-05-29 15:00 | 2011年度イベント
<< 5/31インドネシア語講座初級... 5/25ガム・舞・ワヤンコンサ... >>