ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
カテゴリ
<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
看板がやっと完成
c0115958_23392769.jpg

スタジオができたものの、何をしているかまったくわからんと近所の方にいわれて数ヶ月。やっと看板ができました。
つやつやしているのは、ラップでラミネートしたから。いやー苦労した。
高校の友人ならあ!と思うでありましょう、そうです、宇宙犬ですよー。宇宙犬がハナジョスを応援してくれていますよー。
この看板とともに、毎月の練習日やクラスの内容、イベントのことなどお知らせして、
ご近所の方にも知ってもらおうと、そしてもしかしたらやってみたい方も出てこられるかも、わかりませんよねー。
宇宙犬のみぞ知る今後のハナジョスガムランクラスであります。
[PR]
by hanajoss | 2009-11-30 23:45 | その他
Twitterやっています。
エキサイトのつぶろぐ同様、こちらでもつぶやいています。
Twitter
どうでもいいつぶやきが占めていますが、Youtubeで見つけたシェアしたい映像なども投稿します。
[PR]
by hanajoss | 2009-11-30 15:03 | その他
11/28祝・結婚披露宴 ワヤン上演
ガムランの友人がめでたくご結婚されます。
琵琶湖西岸のとある会場にてお祝いのワヤンを上演いたします。
結婚式を挙げる予定のある方、ガムランやワヤンの余興などいかがでしょか。
ジャワ風婚約式、結婚式、披露宴などもよいかも~。
[PR]
by hanajoss | 2009-11-28 18:00 | その他
影絵芝居ワヤン「金の鹿と世界一のチーズ」
昔あるところに、ケイハンという男と、ハンシンという女がいた。
ケイハンはハンシンに恋をして、その想いの丈を打ち明けることにした。
ハンシンが提示した条件は、世界一おいしいチーズ。
かくしてケイハンはチーズを求めて旅にでる。
金の鹿を捕まえることができず、その乳を搾ることのできなかったケイハンは、
面白半分についてくる道化たちと、言葉を交わす。
「世界一おいしいチーズなんてあるのかな。」
「おいしくてもめっちゃ高いとか、めっちゃならばなあかんとか、そんなんやったらいらんわ」
真剣なケイハンを横目に道化たちはしゃべりまくる。
ケイハンがあきれてその場を立ち去ろうとしたとき、
「どんなチーズでも世界一おいしく食べられる、そんな方法があればよいのではない?」
「そうや、お腹ぺこぺこにしとくとか」
「チーズダイスキチーズダイスキって、唱えるとか」
「あと、お腹ぺこぺこにしとくとかな」
再び騒ぎだす道化を蹴散らしたケイハンだったが、そこでふと気づく。
「そうか、そうだったのか・・・」
ケイハンはハンシンの元へ走る!なるほど、そうだったのか!

世界一おいしいものって、どこにあるの?
どうしても金色の鹿でなければならないの?
おいしいものってどこか遠くにあるの?
その答えは、笑っちゃうほど簡単なんだ。


HANA☆JOSSオリジナルワヤン「金の鹿と世界一のチーズ」
インドネシアジャワ島のワヤン人形と、青銅打楽器グンデルの伴奏による影絵芝居。
古よりうたい継がれた詩、どこまでも響くようなグンデルの音、
はじけるジャパニーズ道化、
見て聞いて笑って、大切なことを思い出す、そんなお芝居です。

[PR]
by hanajoss | 2009-11-27 16:54 | ワヤン演目
フォト11/19まちのコモンズ@三井ガーデンホテル(大阪)
船場の見慣れた街並みに、突如現れたアジア音楽ステージ。
突如といってもそれは、そこそこにまちの人が気がつくほどの不自然さで、
肌寒い夜に、湿った生暖かい風が不意に吹き流れてきた、そんなひと時でした。

c0115958_15525756.jpg三井ガーデンホテル玄関とセブンイレブンの間にある謎の空間がそのステージ。うわさによれば、Pを作る予定がそのまん前に木を植えてしまったために計画中止になったとか。ワヤン上演のため、このP予定地の照明を消そうという時、ホテルの人もコンビにの店員さんもどこにスイッチがあるのかわからなかったことから、このPが日常では忘れられた空間だとわかる。結局電球ごとはずしました。
撮影:嘉名光市
c0115958_1651054.jpg演目は「アルジュノの饗宴」主人公のアルジュノ(左)は瞑想中、天界の美女ビダダリの誘惑に心を揺らすことはない。
撮影:嘉名光市
c0115958_167345.jpg「魔王を倒してくれ」と宇宙支配の神ブトロ・グルが言う。「天界の美女にも惑わされぬ強さ、魔王を倒すのはそなたより他にいない」
撮影:嘉名光市
c0115958_16105137.jpg不死身の魔王ニウォトカウォチョの唯一の弱点を教える道化スマル(左)
撮影:嘉名光市
c0115958_16135099.jpg天界一の美女スプロボを我がものにしたと喜ぶ魔王。それが罠と知らず・・・。
撮影:嘉名光市
c0115958_1615650.jpg肌寒い日だったけれど、道行くみなさんが立ち止まって下さる。この後魔王は喜びと油断で高笑いをする。唯一の弱点であるのどちんこをさらけ出した時、アルジュノの矢に魔王は斃れる。
撮影:嘉名光市
c0115958_16184647.jpg魔王が斃れた後、アルジュノと鬼たちとのたたかいに加勢する神々。
撮影:嘉名光市
c0115958_16201935.jpg寒い中、きっと何かの用事があって歩かれていた方もいたと思います、聞いてくださってありがとうございました。まちのコモンズのみなさんもありがとうございました。とても面白い企画に出演させていただきました。

撮影:嘉名光市

イベント情報はこちら

[PR]
by hanajoss | 2009-11-26 16:27 | 2009年のイベント
11/25児童室影絵劇場
ーイベントのお知らせー
日時:2009年11月25日(水)15:00~16:00
場所:天王地区公民館児童室(阪急南茨木駅より徒歩5分)
入場無料、予約不要
いつでも、上演中でも、臆せずお入りください。

今回はラマヤナのお話。
金色の鹿に心奪われたシンタ姫の場面では、ジャワの童謡「KidangTalung」の歌にのせて、影絵の鹿が愛嬌たっぷりに踊ります。

毎月一回、天王地区公民館で影絵やガムランや、伝統衣装を着る会などをしています。
公民館の図書館に来た子どもたちや、ヨガレッスン帰りのお母さんなどがふらりと立ち寄って見ていってくれるこの催し。ハナジョスも公開練習のつもりで身を引き締めつつのんびりやっています。
横では、宿題を始める子やカードゲームがはじまったりもすることがありますが、
真剣に見てくれる方もいたりと、毎回いろいろな出会いが。
[PR]
by hanajoss | 2009-11-25 15:00 | 2009年のイベント
首ねちがえ珍道中、首をひねって考えた。
金曜日の朝、首をねちがえた。人生最大の寝違え方で、ほえる痛み。Rさん「出産の時と同じおたけびだった」そう。近所中に響き渡っていたそう。その夜のガムラン茶会本番は、首が左へ曲がり、右肩がつっぱって極端に下がった状態で、痛みをこらえながら終了。
土曜日は「女性の美と魅力」というイベントへ。人間大事なのは内であるべき、とはもちろんだが、心理学的観点から、人間がとても影響をうけやすい外見の特に身体について、第一回のシンポジウムが開かれたのだった。曲がった首でこの講演を受けて思ったこと。
どういう見目形を美しいというのか、それは人によって違うし、その一方で、世界共通の美女もいる、首が動かない私をみな戸惑うようにまず見る。ぱっと一瞬の感覚、違和感、○か×かを瞬時に判断する、残酷だけど、これは人間が身を守るための本能かもしれない。 この反応を否定することはできない。

美しいと美しくないに線をひっぱっる。思い切り外見中心の目線だ。外見で判断、判定。こんな奴最悪・・・なんてことはないんだこれは。
この先だ、先にある美しさを知る、キャッチするための、テーマだ。この第一回の講演は。
自分がいかに、外見に左右されやすいか、しかしそれで危険回避できることも否定できない。
「真実を見極める目」
外見に左右される自分、しかしそこに真実もあるのだ、目から得る情報と、自分の読みきれぬ弱点を知ること、かつ自分に見破る力も備わっていることを信じること、見極める力を高めていくこと。しかし見極められたと思わぬこと。

この日は
外見から私たちが受ける影響、心理学的観点から
ワコール的美女とは、ゴールデンカノン
ダンサーが作る誘いたくなる女の子 腕が後から生える
漫才ユニットが美を語る、美しい女はやっかまれる
などなど、実に多方面で活躍する方々が、
美というものを外見の「身体」というテーマで
語っておられた。
このようにテーマでくくらなければ、すぐに私たちは、
外見でどれだけ影響を受けているかを認めぬまま、
内側大事にするべき論へ走ってしまうだろう。
確かに今回外見の美しさを語れば語るほど、
非常にむなしくなったけれど、
テーマをしぼって、ぐっと迫ってみたことによって、
そのむなしさや、やはりそれはちゃうんよな。と思ったことも収穫だ。
心理学でこの100年、見ることも取り出すこともできない心を研究した結果、
分かったことは、
「心は、その人の言動に現れる」
ということらしい。
でもこれも、一説に過ぎないように思う。
その言動が美しいかどうか、感じ取るのもやはり人間。
文句なし!で美しいものもあれば、
なにかを知ったから、人はそれをはじめて美しいと思う。
そういうところが人間にはあると思うから。
「美しい」を考える。
深いぃ。そんなことで首がひっつれたのかもしれぬ。
[PR]
by hanajoss | 2009-11-23 01:36 | その他
フォト11/18音ノカタチ終演後の一枚
c0115958_023172.jpg


ハナジョスと、黒拍子のおふたり。
はじめは太鼓の音に驚いていたけど、すっかりのりお兄さんとなみお姉ちゃんが好きになったあるむとごんくん。
終演後に一枚。ほっとしつつも、終演直後にもっと何かしてみたい、なんかまだもっとやれるような。
という気持ちになった公演でした。なんか、いい感じに悔いが残った、そういう公演だったゾ!
黒拍子のお2人、どうもありがとう!またご一緒できる日まで、精進しときます。

音ノカタチのイベント詳細はこちら
[PR]
by hanajoss | 2009-11-23 00:05 | 2009年のイベント
11/20ガムラン茶会のお知らせ
ーイベントのお知らせー
c0115958_11245936.jpg撮影:佐川美術館


佐川美術館で「吉左衞門X インドネシアン・プリミティブアート 稲葉京セレクション」が開催されます。
この期間(2009年10月~2010年3月)中に、ガムランの調べを聴きながら楽しむ立礼茶会が月に二日開かれます。ハナジョスがジャワガムランの演奏をします。佐川美術館に行った事がある方もない方も、ぜひ足を運んでください。こだわりぬかれた建築、特に茶会が開かれる樂吉左衛門館では、視覚だけでなく聴覚や記憶までゆすぶられるような不思議な感覚に陥ることになるでしょう・・・・。
次回のお茶会は11月20日です。
さらなる詳細は佐川美術館のHPをご覧ください。
以下は、佐川美術館のサイトより転送します。
※最後の方にあります、申し込み用紙は、佐川美術館のサイトよりダウンロードしてください。

ガムラン茶会開催のお知らせ(2009年10月~2010年3月)
「吉左衞門X インドネシアン・プリミティブアート 稲葉京セレクション」開催にあわせ、ガムランの調べを聴きながら、本展覧会のために制作された樂吉左衞門作品を使っての立礼茶会を実施いたします。

開 催 日:2009年10月~2010年3月の第1、第3金曜日(1/1、3/19を除く)
開始時間:17:00・18:30 (1日2回)
定 員:各回 16名様
所要時間:約1時間10分
       ガムラン演奏(約30分)→呈茶(樂吉左衞門館ロビー立礼席にて約40分)
料 金:お一人様 3,000円(入館料込)
     <茶碗:樂吉左衞門2009年制作黒樂茶碗  菓子:聚洸製(京都)>
申込方法:下記ガムラン茶会専用申込用紙をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、館内インフォメーションへご持参いただくか、FAX、郵便でお送りください。
受付締切日:ご希望日前月の10日まで

※お申込多数の場合は抽選を行い、当選者にはハガキにてご連絡いたします。
※定員に満たない場合は、締切日後も先着順にて随時受け付けいたします。
※当選後のキャンセルにつきましては、キャンセル料をいただきます。 
※茶室見学は含まれておりませんので、ご注意ください。
c0115958_021092.jpg

撮影:佐川美術館
[PR]
by hanajoss | 2009-11-20 17:00 | 2009年のイベント
11/19まちのコモンズ2009 夕昏のワヤン上演
おかげさまで無事終了しました。
フォトはこちら

ーイベントのお知らせー
まちかどで見られる、日常的な風景、文化、建築物、聞こえてくる音。
いつもと同じだからこそ、気づかないものがある。
再発見し、誰かと共有することで、小さな感動を胸に刻むことができるかもしれません。
シンポジウムや散歩、映像展示などさまざまな催しが大阪の船場を中心に6日間だけ行われます。
ハナジョスは、アジア音楽ライブで出演します。どうぞお越しください。
まちのコモンズ2009
船場をアジア音楽の交差点に。今年もホテル前の公開空地で日替わりライブを開催します。
他では聴くことのできないアジア各地の多彩な音楽。ふと街角から流れてくるアジア悠久の調べ。
会社帰りに気軽にお立ち寄り下さい。
■日時:11月16日(月)~20日(金)18:00開演 18:30終了(雨天中止の場合あり)
■場所:三井ガーデンホテル前の広場
■参加無料

プログラム
16日(月)小島剛、今西玲子duo(ラップトップ、琴)
17日(火)スリヤサンキート(タイ)
18日(水)伊藤悟(中国雲南省)
19日(木)HANA☆JOSS(ジャワ)
20日(金)Thitipol Kanteewong(北タイ)
[PR]
by hanajoss | 2009-11-19 18:00 | 2009年のイベント