ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
11/30洛風中学校でガムラン・ワヤンの授業
11月30日(火)今日は、京都市烏丸御池からすぐのところにある、
洛風中学校(施設内には万華鏡ミュージアムも!)で、
ハナジョスは授業をさせてもらいました。

去年、今年と二年間にわたって同じく京都市立の洛友中学校にも
おじゃましておりましたが、今年、来年にかけて今度は洛風中学校で、
音楽と美術を融合させた生徒と密着した取り組みをしていこうということになっています。

今日はその初日、生徒とハナジョスが出会うのははじめてでしたので、
ジャワティーとジャワのお菓子ウンピンを食べるところから、
自己紹介、本やDVDによるインドネシア紹介
ガムラン・ワヤンのミニコンサート、楽器紹介などをしました。

参加した生徒さんは1,2年生の10名と、美術、音楽、担任の先生方、校長先生。
はじめてというのはやはり緊張しますね、
私もなんだかしどろもどろになってしまいまして、
生徒さんも緊張されて、お互いの緊張感は最高潮という感もありながら授業は始まりましたが、
人と人ですもの、そこからがスタートよ、
と言い逃れできないとも限りません。
もたもたした授業であったかもしれませんが、あとから振り返れば笑い話になるような、
そんな二年間にしていけたらと思います。

今年は、月に一度ずつ学校へ行きます。
今日は、見てもらったり聴いてもらうことが多かったので、
次回からは生徒さんに、実際いろいろとやってもらおうと思います。
楽器製作かワヤンを主に何か製作をしながら、
一つの曲なのか芝居なのか、
1年通してなにか作り上げていけたらと考えています。

ちなみに、今日の中学校のお昼ご飯はビビンパだったそうです。
赤いお重に入っていたのですよ。とっても豪華ですね。
「今の学校の給食は昔とぜんぜん違う」、これを実感するなんて
私もおばさんになったんだなぁ。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-30 14:49 | 2010年のイベント
11/27プライベートパーティ・オムツケーキ
無事終了しました。
当日のようすはこちら

11月27日の18時から、大阪ウェスティンホテル(梅田のスカイビルのとこ)にて
とあるプライベートパーティが開かれます。
ハナジョスと、西田有里さん、西岡美緒さんでガムランの演奏とジャワ舞踊をいたします。

ホテルのスイートルームで開かれるというそのパーティ、
オムツケーキなる、ウェディングケーキを思わせる大ケーキとともに、
いろいろな業界の方々が集まりうちうちに行われるパーティなのだとか・・・。
詳細不明なれど、面白そうなので誘われるままに出かけてまいります。

★★★★★★★★★★★
詳細不明でもかまいません、
どんなわくわくイベントにも
ハナジョスは喜んででかけますので、
ガムランやワヤンに興味のあるみなさま、
どうぞ、
どうぞ、
お声がけくださいね。
★★★★★★★★★★★★
[PR]
by hanajoss | 2010-11-27 18:00 | 2010年のイベント
11/27第5回アジア人からみた日本を語る集い
NPO法人関西アジア人協会の方からお誘いいただき、以下の集いに参加します。
ローフィは日本に来て初のスピーチをいたします・・・・。

アジア人協会が主催されている「アジア歌謡祭」というイベントに、
今年の4月に呼んでいただいたことがご縁で今回声をかけていただきました。
演奏のお仕事だけでなく、このような形でアジアのみなさんと交流させていただけるのは
大変ありがたいことです。
各国の方のスピーチ、そしてスリランカのお料理を楽しみにいってきます。
どなたでも参加できるようですので、興味のある方はぜひお申し込みくださいね。

・ちなみに、ラージャスターンというのはインドで一番大きい州の名前でもあるそうです。(Wiki情報)
・このお店のホームページもリンクしています、拝見したところイベント盛りだくさんでびっくりしました。


以下はNPO法人関西アジア人協会HPより転載

古代からアジアとの交流が盛んな大阪には20万人近くのアジア人が定住しています。アジアの人が大阪(日本)に住むようになって、どういうことに驚き、喜び、またどのようなことで困っているのか、日本をどうみているのか、アジア各国のお国自慢も含めて、住みよい大阪・日本・アジアを創るためアジア各国の人に耳を傾けながら一緒に考えてみませんか?
[日時] 2010年11月27日(土) 14:00〜17:00(13:30会場)
[会費] 2,500円(2ドリンク・軽食付き)
[内容] 中国、フィリピン、韓国、タイ、ベトナム、ラオス、ネパール、モンゴル、スリランカなどアジア各国代表の方のアピールとディスカッション
一部:アジア人からのアピール
二部:懇親会
※当日の都合により参加国の変更がある場合がございます。予めご了承ください。
[会場] スリランカインターナショナルレストラン「ラージャスターン」
[場所] 大阪市北区中崎3-5-14 電話:06-6376-0999
[交通] 地下鉄谷町線「中崎町」駅 2番出口、徒歩4分
[主催] NPO法人関西アジア人協会
[お問合わせ] 電話:06-4700-4740
[お申込] タイトルに「第5回アジア人からみた日本を語る集い参加申込み」とご記入の上、下記メールアドレスまで「お名前」「連絡先(電話)」「参加人数」をお送りください。
toiawase@kansai-asian.org
[締め切り] 11月22日(月)
[PR]
by hanajoss | 2010-11-27 14:00 | 日記Rofit,Hiromi
11/27児童室でワヤンしよう!
無事終了しました。
当日の様子はこちら

ーイベントのお知らせー
いつ:2010年11月27日(土)10:30~11:30
どこ:天王地区公民館(最寄駅・阪急南茨木、天王幼稚園のとなり)の児童室

月に一度公民館の児童室でやっています。
ガムランやワヤンを聴いてもらったり、実際にやってもらう会で、
小さな子どもも大人も一緒に楽しみます。
これまで内容は無計画でやっていましたが、
次回からは、
「小さなお子さんも一緒にまずは静かにガムランを聴いてもらう」
時間だけ最初に作りたいと思います。
徐々ににぎやかになってくることがこれまででわかったので、
最初だけは、それらしく・・・・。
あとは、参加者さんとお話をしたり、楽器のワークショップをしたり、
即興影絵劇をするなどなど。
はじめての土曜日開催なので、(公民館は水曜午後と土日終日図書館が開館している)
小学生とかも集まってきてくれるかもしれません。

予約はいりません、どなたでもお気軽にどうぞ・・・★
[PR]
by hanajoss | 2010-11-27 10:30 | 2010年のイベント
フォト・11/6オチャケ茶会 大山崎
2010年11月6日(土)①13:00~ ②15:00~ 各60分
京都府大山崎町で"オチャケ茶会”というワークショップを実施。
c0115958_1025533.jpg

国民文化祭を来年に控えた京都府。
大山崎町ではプレイベントとして、
国民文化祭(岡山)期間中にいろいろ催しがありました。
その一つがアサヒビール大山崎山荘美術館の「戦国ポップ茶会」と題した、
婚活茶会や、トラックの荷台を会場とした雲天庵での茶会など、
遊びのきいた茶の席を提案するもの。
ハナジョスは、オチャケチャとワヤンとガムランを体験する「オチャケ茶会」(お茶は付いていません)
の一席を設けさせてもらいました。

参加者のみなさんには、
ワヤンの演目「アルジュノの饗宴」から、
・アルジュノの瞑想を邪魔するお化けのシーン
c0115958_10504359.jpg

・アルジュノの瞑想を誘惑で邪魔する天界の美女軍団のシーン
でワヤンの操作を、
そして、
・鬼の姿をした王ニウォトカウォチョとアルジュノとの一騎打ちのシーン
c0115958_1053394.jpg

ではオチャケチャで、
ハナジョスと、オチャケチャ隊(以前オチャケチャ動画作りに協力してくれた京都府の先生とNPO子どもとアーティストの出会いの井手上さんとヨッシー)と
ワークショップ参加者さんとで一緒に10分間のワヤン作品を作っていきました。
ワヤン人形の紹介から、持ち方、動かし方などを練習して
c0115958_111358.jpg
c0115958_1111868.jpg

実際にスクリーンでやってみます。
c0115958_1114629.jpg
c0115958_1135213.jpg
c0115958_116571.jpg

ワヤン操作(お化けと天女)の後は
たたかいのシーンでのお茶ケチャ練習。
c0115958_1122960.jpg


ワークショップのしめはワヤンの上演。
c0115958_11182599.jpg
c0115958_11185344.jpg
c0115958_11192216.jpg
c0115958_11195364.jpg
c0115958_11201255.jpg
おちゃおちゃむぎちゃ・・・・!
c0115958_11202812.jpg

1時間でなかなか盛りだくさんに楽しめました。
お茶もお菓子もありませんでしたが、がぶがぶおなかぶーんでした。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-20 11:21 | 2010年のイベント
プシンデンBu Tantinahさんについて
今月惜しまれながら亡くなったガムランの名プシンデンBu Tantinahさんと、
時代を同じく活動されるジャワの歌い手さんについて
Kitsieさんが記された文章を転載しています。
Tantinahさんをはじめとするカラウィタン界の頂点で活躍するプシンデンについて
詳しくかかれれており、このブログにも記録しておきたいと思います。

Bu Tantinah adalah salah satu pesindhen yang paling aktif dalam dunia rekaman maupun
pertunjukan langsung (live) di sejarah dunia karawitan antara dekade 70-an
sampai 90-an. Bu Tantinah hadir sejak rekaman-rekaman awal grup Riris Raras
Irama ( sebuah grup karawitan yang terdiri dari pengrawit RRI ( pak Dalimin,
pak Wakijo, pak Wahyo, dan beberapa nama pengrawit lain) dan pengrawit non-RRI
( Sardiman, Wakiyo, Saguh), dipimpin oleh Sunarto Ciptosuwarso ).
Mulai dari rekaman KGD 001, sampai saat grup Riris Raras Irama diteruskan oleh pengrawit-pengrawit
generasi penerus Ciptosuwarso seperti pak Wakijo, pak Wakidi, pak Sardiman, dan
pak Saguh ( rekaman-rekaman Riris Raras> generasi ini kemungkinan besar terdiri dari para pengrawit yang lebih beragam,
misalnya beberapa generasi pengrawit yang lebih muda seperti Kuat, Sukamso, Suraji, Darno (pengrawit-pengrawit yang berafiliasi dengan ASKI STSI),
yang berkode nomer kaset KGD 200-san seterusnya.
Dalam ratusan kaset rekaman tersebut Tantinah memiliki pengalaman bekerja dan bermusik dengan 
berbagai generasi pesindhen mulai dari Sumarmi, Tukinem, Tugini (kebanyakan rekaman Riris Raras di bawah payung Dahlia record), Ngatirah, Panut ( bu Panut adalah istri pak Saguh, beberapa pengrawit menyebutkan bahwa sindhenan bu Panut mirip dengan bu Tukinem), Supadmi, Tomblok, Sunyahni, sampai generasi pesindhen muda seperti mbak Kesi.
Selain itu bu Tantinah juga ikut serta dalam rekaman grup Condhong Raos ( baik dalam rekaman
wayang kulit maupun kaset klenengan, rekaman grup Ngripto Raras, rekaman Indra
Raras ( grup bentukan Ciptosuwarso yang lain, dengan komposisi pengrawit yang kurang lebih sama dengan Riris Raras,
dengan mengikutsertakan Darsono Jepang, pesindhen Suparmi ( Migut), Sutarmi ( pak Darsono Jepang menceritakan bu Sutarmi memiliki kaitan dengan keluarga Gito Ratiyem ?)
Sindhenan bu Tantinah menurut saya sangat dinamis, karakternya bisa berubah-ubah, bisa sangat mirip dengan beberapa pesindhen, bisa sangat menonjolkan ciri ke-Tantinah-annya. Jika anda adalah penggemar rekamn-rekaman Condong Raos dibawah label Fajar, di situ terdapat empat pesindhen Ngatirah, Supadmi, Suyatmi,> Sutantinah ( Tantinah).
Menurut saya, suara bu Yatmi, bu Padmi, dan bu Tantinah dalam rekaman itu sangat sulit sekali dibedakan, kecuali dalam sajian Jurang Jugrug dimana bu Yatmi tampil dengan ke-kenes-an yang sangat mencirikan gaya sindhenannya.
Bu Tantinah juga memiliki kelebihan dalam membuat gregel yang sering menggunakan nada-nada yang sulit namun dapat ditampilakn dengan begitu indah ( jika anda beruntung dapat memiliki kaset Kusuma Record KGD 001,
di merong gendhing Onang-onang gong ro, saat balungan ro-lu-mo-nem, bu Tantinah menyajikan abon-abon yang menggunakannada pi ( pitu ) dengan sangat indah ( ini memang lazim, tetapi menurut saya, sindhenan bagian ini oleh bu Tantinah adalah sajian yang paling sempurna dibanding semua rekaman Onang-onang yang pernah saya dengar).
Kelebihan lain bu Tantinah adalah kemampuan mengulur cengkok jika seleh suatu lagu dilanjutkan oleh gantungan yang memanjangkan seleh tersebut ( simak sajian dalam kaset
wayang kulit Kusuma Record Wisanggeni lahir, bagian ngelik merong ketawang gendhing Karawitan seleh ji------ada beberapa rekaman oleh Anom Suroto dengan lakon Wisanggeni lahir, yang saya maksud disini adalah yang jejer Krawitan buka Rebab, pesindhen Tantinah, Sudarmi, Sarwosri ….saya lupa mengingat nomer label kaset. Juga dalam cengkok seleh nem pada balungan ayu kuning ngelik ladrang Sri Kretarta irama rangkep ( rekaman Ngripto Raras Lokananta Recording ACD> 164-165).
Salah satu cengkok yang menjadi andalan para pesindhen adalah cengkok minir. Dalam rekaman-rekaman Anom Suroto, banyak sekali jejer yang memakai gendhing Kabor, dan menurut saya cengkok minir ro ( hanya lagu sindhenan abon-abon) yang disajikan bu Tantinah dalam gatra pertama sesudah gong ngelik merong ketawang gendhing Kabor adalah minir yang sangat khas, sehingga setiap kali saya mendengar Kabor,dan sampai pada bagian itu, saya kan selalu ingat bu Tantinah 
Bu Tukinem sering menyebut bahwa ketika masa-masa keemasannya, banyak pesindhen-pesindhen yang mengacu gaya sindhenannya seperti bu Cendhani dan bu Tantinah, namun selanjutnya bu Tantinah mengembangkan gayanya sendiri ( ini nampak jelas dalam rekaman-rekaman Anom Suroto LAWAS).
Juga saya mencatat, bahwa duet Tantinah-Migut adalah bentuk regenerasi dari gaya dua pesindhen Tukinem-Ngatirah ( bu Migut pada decade 80-an sering dijuluki Ngatirah-e Solo).
Pak Kamso
sering menyebutkan bahwa saat ini gaya pesindhen-pesindhen yang ada di Solo sudah semakin berkurang jenisnya. Dan yang bertahan saaat ini mungkin hanya tiga gaya besar yang dikembangkan oleh bu Tukinem (ruruh, prasaja, antep)-----gaya ini diikuti oleh bu Cendhani, Bu Tarini, bu Harjutri, bu Dewi Marhaeningsih, bu Mulyani (yang menyindhen di latihan Cakra Homestay dan Danarhadi), bu Tantinah ( di antara semua ini bu Tantinah di masa-masa keemasannya mengembangkan gayanya sendiri yang juga banyak diacu oleh para pesindhen muda. bu Sudarti-Supadmi------kenes, crawak, dengan keragaman wiled yang sangat kaya,----pengikut gaya ini yang paling menonjol saat ini adalah bu Yayuk, dan bu Sunyahni,.bu Ngatirah-----diikuti oleh banyak sekali pesindhen seperti bu Suwarni (almarhumah), bu Migut, bu Kartini Sabdosih (dari Kediri Jawa Timur ), dan banyak pesindhen lainnya.
Gaya sindhenan groyok ( dengan vibrasi) yang dulu menjadi cirri khas bu Mardusari, Wara Podhang, bu Marmi, semakin jarang ditemui. Jika anda beruntung untuk dapat berada di Solo dan mendengar bu Sunarti menyindhen, mungkin beliau adalah pesindhen terakhir yang sering menyajikan gaya groyok tersebut.
Saya adalah pemerhati sindhenan> yang merasa sangat kehilangan atas wafatnya bu Tantinah.

Terimakasih sekali atas infonya mbak Kitsie.
[PR]
by hanajoss | 2010-11-19 10:04 | ジャワのこと
フォト・11/7岡山国民文化祭
c0115958_23123530.jpg

岩本象一くんとハナジョスで。
演目は「金色の鹿と世界一のチーズ」
あたたかいお客さんのおかげで、けっこう楽しくできました!
ケイハンとハンシンの線が別というスマルのくだりがうけたのもうれしかったです。
岡山には、京阪と阪神のような関係の路線がないということで、
オリジナルのままでいきました、近畿外での初挑戦は無事成功に終わりました。
また、ローフィのつけやきばの岡山弁が、お客さんの誰一人にも気づかれず、
だからうけず、そしてすべらず、ということで、私と象くんだけは大変面白いことでもありました。

他の出演者の方々のパフォーマンスも、全部はみれませんでしたが、
とても面白く、大変勉強にもなりました。
お客さんを楽しませ、そして自分も楽しむ、
独特の世界を持つさまざまなジャンルのミュージシャンをみることができました。

岡山への日帰りピクニック&ペンタスは結構大丈夫です。
これからもどんどん出かける機会があるといいなと思います。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-18 23:20 | 2010年のイベント
なにわの歌う巨人の講演とうた
数年前、行きつけの焼肉屋の大将が教えてくれた、
なにわの歌う巨人パギやん、趙博(チョウバク)さん。
11月3日には京都に東九条マダンで、
そして今日17日は茨木市の葦原小学校に来てくれるというので
見に行ってきました。
c0115958_2359432.jpg

子育てから人権を考えるという講演でしたが、
たっくさん歌を歌いながら、ごっつい歯切れのよい話に
100分の間ぐぐぐと引き込まれました。
旧国鉄の歌、
テーマソング、
奇妙な果実(原語)
ソウルからプサンまで
グー、チョキ、パーのうた
ヨイトマケの歌
棺桶の穴
など、
歌詞、声、語りすべてが初めてで耳にも心にもぐぐっと食い込んでくるような
ユーモアあり、ぶつかるような激しい感情を感じる歌もあり、染み入るような太鼓の音色あり
本当にすばらしかった。
c0115958_23592312.jpg

講演では学校の弱点をするどくついた突っ込んだ話や、
かつて当時はまだまだ考えられていなかった不登校の生徒が勉強できる
コースを塾内に創設し、軌道にのせたという話、
グーチョキパーの歌、みんな強くてみんな弱いという歌、などなど
ハナジョスの今やっている活動にも(勝手に思ってしまうだけんど)
リンクするような部分があって、
もっともっと話を伺いたかったです。
数年前からいつかはお会いしたいと思っていた方だったので本当にうれしかった。
終演後CDを買って、「実は数年前に焼肉屋の大将にパギやんええでと・・・」という話をしたら、
「それは大健さんやろ!」「そうです、うち近所なんです!」
ということになり、
そのまま夜の打ち上げにも参加させてもらうこととなりました。
c0115958_23583599.jpg

不思議なご縁に感謝。
突然焼肉というご馳走&財布まっつぁおなイベントに発展したのですが、
そこではパギやんとさらに主催された葦原小学校の先生方とお話でき、
地域や学校とのネットワークに参加していけるような予感が沸いて、
茨木市に引っ越してきて一年半、やっとつながりの糸口を見つけたような
迷路の途中で宝ものを見つけたようなうれしさでした。
そんな一日のしめが、歩いて10秒の焼肉やさんで
芋焼酎とマッコリ飲んでる時に、なんてホントフシギですね。

次の日18日には、芦原小学校がオープンスクールの一週間ということで、
学校へ誘っていただいた。
二年三組さんの授業を見に行くことになり、1,2時間目を見学しました。
教室にローフィが入るとこどもたちが盛り上がってしまったこともあり、
先生が授業の途中に私たちを紹介してくれハナジョス紹介&質問コーナー
を作ってくれ、子どもたちとも交流できました。
20分休憩のときにドッチボールやろうといわれたけどそれはちょっと無理だったのが残念。
でも小学校に誰でもどうぞという開放週間があるのに驚いたし、
人権のことをしっかり学ぶぞという姿勢や、
サラダボールというテーマで各国の暮らしやあそびなどを調べているのも、
教室や廊下の展示ですごく伝わってきて、
授業のやり方も25年前とは違うなど、
たくさん知ることができ、先生方やこどもたちともお知り合いになれて
すごくうれしい半日でありました。
c0115958_0163473.jpg

20分休み、私昔この時間に命かけてたなあ。
校庭も紅葉が美しかった。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-17 15:00 | 日記Rofit,Hiromi
紅葉2
信貴山の紅葉
自宅から淀川を渡り、外環状線R170を南下していくと、
野崎観音や、花園ラグビー場などがある。
さらに南へ行き八尾市あたりになると、ずっと左側に連なっている山がぐっと近くなってきます。
山がだんだん近くなって来る感じが、外環状線はとてもいいです。
c0115958_23371392.jpg
c0115958_233727100.jpg
c0115958_23373816.jpg

近鉄信貴線。
ここは信貴線の終点一個手前の駅近く。
週一の仕事で通っているところだけど、
一度ゆっくり紅葉が美しい間に行ってみようと思っています。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-16 10:00 | 日記Rofit,Hiromi
紅葉1
茨木市の公園
あるむを保育所へ送った帰りにごん君と立ち寄る。
c0115958_23285322.jpg
c0115958_2329133.jpg
c0115958_23292890.jpg
c0115958_23293974.jpg

秋を感ずるのが今年はちょっと突然でしかも気づくのが遅かったような気がする。
なぜ・・・。何か余裕のない日々であったのでしょうか。
とはいえ、私にも秋が来ましたので、
しばらく紅葉を楽しみ、夕暮れにはためいきなぞついたりして、
四季の移り変わりを楽しみたいと思います。
日が落ちるのがはやくなりましたねぇぇ、ふぅぅ。
[PR]
by hanajoss | 2010-11-15 09:23 | 日記Rofit,Hiromi