ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
蔵垣内音楽祭にいってきました。
蔵垣内音楽祭へ。
ぴーちゃんがいってらっしゃいと言わんばかりににゃー。
人ん家の松にのぼるとはなんて猫。
c0115958_18394675.jpg



蔵垣内音楽祭が終り家に帰ってきました。
こどものバイオリン演奏やキッズパフォーマンス、
お母さんたちの吹奏楽、などなど盛りだくさんでした。
c0115958_18411765.jpg

とびいりで、篠笛ユニットの演奏、日本のブルース王北島三郎を歌うバンド、大正琴でAKB48を演奏するグループなども加わり、にぎわいました。
c0115958_18413855.jpg
c0115958_18414570.jpg


そんなとびいりコーナーの次、私たちが最後の出番。
ハナジョスははじめて、アルムとゴンがそろい4人で舞台にたちました。
思えば昨年、衣装ぐらいはとこどもに着せようとするも、
アルムに恥ずかしい、いやだと拒否をされたのでした。
また一昨年は本番前に舞台にとびこんできたゴン君にルバブを壊されたこともありました。
三年目となる今年の蔵垣内音楽祭では
衣装をつけ、ブローチなどで飾って、ではけの打ち合わせも一応こなし、
アルムとゴンくんは堂々と、アンクルンをならしながら舞台に入って「こんにちは~」をしてジャワの童謡を歌いきりました。
ゴンは、紹介場面で、「私たちは遠い南の国から来ました、、、」というくだりで、「インドネッシャやろー!」と叫んでお客さんの笑いを取っていた。
アルムは、出番がおわると、静かに舞台の中に座りじっとして、
ワヤンがはじまると、客席にすっと移動してワヤンをみていた・・偉い涙
ゴン君は、私たちの演奏中ずっとローフィのひざにすわり、
僕もやりたい、もっと教えてよ!とちょっとジャマだったけど、なかなかいい感じだった。ワヤンでは、「今から、ワヤンをしますぅ、みてくださいー」と大阪のこどもがあらたまって使うイントネーションでみなに紹介し、途中では鬼とアルジュノの戦いのシーンを1,2分演じました。ニウォトカウォチョじゃない、下っ端の弱っちい鬼にアルジュノが完敗していました、これはワヤンではほとんどないパターン。
そこをビモが助けにいく、つもりだったみたいだけど、このお話にビモは出てきません。

最後はアルムも舞台上に戻ってきて、みなでお辞儀をしました。
お辞儀の仕方がかわいいとお客さんに褒められて、ゴン君は何度も何度も、合掌と会釈を繰り返していました。
上手にできたと褒められて、まんざらでもなかったみたいです。

終演後は、こどもたちが影絵人形やガムランをたたきにきてくれました。
そのこどもたちの中には、バイオリンで出演していた子もいました。お行儀もよく、しっかりしたこどもさんのように思いました。ガムランもやろうよ~と言ってみたけどたたいてる楽器の音に消されて、聞こえてなかったみたい。

ゴン君が出番をまつ間ふざけて床を転げまわって、
オレンジジュースを衣装にこぼして、衣装の右半分が大きな染みになってしまいました。
染みがとれるといいのだけれど、、難しそう。一張羅が台無しかもしれません。

ばたばたと終って気づけば
4人での写真をとり忘れていました。いい記念の一日だったのにな。ちょっと残念。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-24 18:44 | 2013年のイベント
2/24蔵垣内音楽祭に出演します。
ーイベントのお知らせー
2013年2月24日14時開演
第三回蔵垣内音楽祭
c0115958_1123767.jpg


ハナジョスの拠点である大阪府茨木市蔵垣内で、毎年この時期に開かれているコンサートです。
地元の方々が多数あつまり大賑わいのこちらのコンサートは、
飛び入り参加もOk、双方向の音楽のやりとりを楽しむという心意気でやっておられます。

ハナジョスは第一回より参加しておりまして今年が三回目となります。
どうぞお近くのかたもそうでない方も遊びに来てください。いろいろな音楽が聴けて楽しいですよ。

昨年のようす。
c0115958_1122830.jpg

[PR]
by hanajoss | 2013-02-24 11:10 | 2013年のイベント
2/23いのっこ祭りにジャワ舞踊で出演します。
いのっこ祭
 楽しさてんこ盛り!亥の子谷にいらっしゃい〜!
2月23日・24日   午前10時 〜 午後4時

にジャワ舞踊サークル”ウィジャヤ・クスマ”が出演します。
二日間を通して本当に盛りだくさんな内容です。以下をごらんください。
ウィジャヤ・クスマは23日(土)の午後に出演いたします。
どうぞ大阪府吹田市の亥の子谷へ遊びにきてください。ウリボウのマークがかわいい町ですよ♪


23日のプログラム
10:00~10:20 おんぷ広場の楽しい演奏−−おうたと合奏(おんぷ広場)
10:25~10:40 マジック(面白クラブ)
10:45~11:05 優雅に舞う(山村流日本舞踊若松会)
11:15~12:00 〜お琴の音色に親しみましょう(筝美会)
休憩
13:00〜13:05 実行委員長あいさつ/来賓紹介
13:10~13:20 「ソーラン」--(IZA!!五月)
13:25~14:00 Beatlas LIVE!−−(ザ・ビートラス)
14:05~14:40 ベリ-ダンス−−(パルラマック・オリエンタル )
14:45~15:15 ジャワ舞踊〜インドネシアの宮廷舞踊〜−−(ウィジャヤクスマ)
15:20~16:10 ビッグバンドで楽しむJazz−−(アクア・ジャズ・オーケストラ)
休憩
18:30~19:05 たそがれコンサート−−(ザ・スカイラーキング)
19:15~ たそがれコンサート−−(Vo.永田カツコ P.斎藤信介 B.戸嶋 哲
Dr.柿本秀明 Sax.鏑木 修)

詳細はこちら!
亥の子谷コミュニティセンター


ウィジャヤ・クスマ講師 西岡美緒さん
c0115958_21192759.jpg

[PR]
by hanajoss | 2013-02-23 10:00 | 2013年のイベント
深夜の作業ストーブが大活躍
水牛の皮でできているワヤンの人形、
この皮をしっかりさせて、且もち手にもなっているのは水牛の角です。
こちらは、水牛の角から作られているこのガピッと呼ばれるものを、
ワヤンの人形にとりつける作業です。
c0115958_0213332.jpg

ガピッを火であぶり、人形の形にあわせて曲げていきます。両面おなじような曲線を描く必要があるので、
少しずつ曲がり具合を見ながらあわせていきます。
c0115958_0214719.jpg

ジャワでは、ランプの炎でこの作業をしているのですが、
ハナジョスのルマ・ギランではこんな感じ。(ガムランスタジオをルマ・ワヤン、自宅兼作業場をルマ・ギランと呼んでいます。ワヤンの家、喜びの家という意味です)
c0115958_0204549.jpg

冬の心強い味方、石油ストーブです。
ストーブでお茶をわかし、湯の蒸気とストーブの火が体と部屋を温め
それによってガピッ作業がさくさく進むという、なんと効率のいいことでしょう。

さくさくといっても、一体仕上げるのに1,2時間かかるみたいですけれども。
ガピッが壊れてしまったワヤンを修復する作業は面倒くさく、最高に楽しい時間だとローフィは言います。
今まではローフィもランプを使っていたのですが、
石油ストーブでも作業ができると、この冬初めて気づきました。感動しています。
c0115958_020285.jpg

使えるガピッなのか使い終わったガピッなのか、ローフィに質問してもよくわからなかったのですが、
この大量のガピッを眺めてローフィは
「はぁぁぁぁまだ山ほどある・・・」とため息をつきながらも、
なんかうれしそうに見えるのです。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-20 00:34 | 日記Rofit,Hiromi
茨木ジャワガムランサークルに新メンバー
大阪府茨木市蔵垣内で毎週火曜日にハナジョスが開催している、
ジャワガムランサークル、”コンチョ・コンチョ”では、
毎週の定期練習の他、地域のお祭りなどへ出張演奏に伺ったりと活動しています。

今は、6月のガムラン・舞踊合同発表会にむけて練習をはじめたところです。

そんな”コンチョ・コンチョ”に新しいメンバーが加わりました。

元気な5歳の男の子です。
c0115958_23391697.jpg

ハナジョスのごんとアルムの二人もいつになく張り切って練習しています。

サークルの活動時間は90分ですが、
ちいさなメンバー三人は45分練習して、その後は遊んでいました。
c0115958_2342632.jpg

無理に座ってガムランを習うよりも練習している大人と同じ空間にいるだけで、
こどもはどんどん吸収していくのではないかなと思います。
根気よく、遊びながらでいいから長く続けてほしいいなと願わずにはいられません。

サークルにはこども(中学生まで)は一回ワンコインで参加していただけます。
”ものはためし”でいいので民族音楽に触れて、
さらに気に入れば経験として重ねていってもらえたらいいなと思います。

ハナジョスのスタジオ ルマ・ワヤンは一見普通の家で(実際一階は家)、
目印も、門にぶらさがっている鐘ひとつと、
あまり気づかれない見た目ですし、
わんぱくな犬もいて、入りにくさがあるような気が私でもしているのですが、
でもためらわず、ものはためしで来ていただけたらと思います。

こどもと大人が一緒に、同じ音楽を演奏する、そんなサークル活動ができればいいなと思っています。

ぼちぼちがんばります・・・・。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-20 00:04 | H★Jガムランクラス
2/11キッズプラザで影絵芝居を見よう!
ーイベントのお知らせー
キッズプラザ多文化ひろば
c0115958_210786.jpg

2月11日(月・祝)
キッズプラザ  〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7
・地下鉄堺筋線「扇町」駅2号出口すぐ
・JR環状線「天満」駅西へ徒歩約3分


インドネシアのかげえ人形のおしばいと体験。
11:30~12:00幼児対象
14:30~15:10小学生以上


定員なし。自由入場です。かげえをみて、人形に触れて、一緒に遊ぼう!

2月には、ガムラン楽団ダルマ・ブダヤさんによるガムランのコンサートやワークショップのありますよ。

詳細はこちら↓↓
http://www.kidsplaza.or.jp/dayly.php?CSY=2013&CSM=02&CSD=11
[PR]
by hanajoss | 2013-02-11 11:00 | 2013年のイベント
旧暦のお正月を祝いました。
2013年2月10日は旧暦の新年一日目にあたります。
この日ハナジョスは、中国、ペルー、インドネシア、日本にルーツをもつこどもたちとその親であつまり、
正月を祝いました。
中国では、大晦日にたくさんのご馳走を作って家族が集まりお祝いをするのだそう。
そして一日目は少し胃を休め、
二日目からは親戚の家を訪れ、飲んで食べての大宴会が8日間ほど続くのだそう。
友人いわく、二日目はどこ、三日目はどこ、四日目はどこの家、と親戚間でルートが決まっており、
さらには昼はどこ、夜は誰の家まで決めて一族80名ほどが集まる会が続いていくのだそうです。
そんな時、村では椅子や食卓や食器をお互いに貸し借りするそうで、
それも、いくつかの家の集まりが重なって村中が食器不足、という状況にならないために、
村でもおおよそ、誰それは何日目に自宅に親戚が集まるか、というようことも、うまいことシフト制になっているらしい。

縁起ものなのでお料理は決して食べきる量ではだめで、余るほどたくさん作る。
最近はそれが大変になったそうで、そこにお正月主張シェフビジネスというのが生まれ、
事前の打ち合わせで料理と人数と、そのための材料をピックアップ、当日お母さんは材料さえ買出しにいきそろえておけば、あとはシェフがやってくれるという。
なかなかに便利なようで中国のお母さんたちは活用しているそうです。
都会では家で食べずに外食することも最近ではあるそうですが、たいがい「高いわりにまずい」「量が少ない」「やっぱり家で食べるのが一番」という話になるんだとか。
c0115958_21111263.jpg

今日のメインはお鍋。家長であるパパが大変にまめな方で、
こういった集まりではいつも台所に立ってくれるので、ママたちはそれをよいことにひたすらおしゃべりをします。
c0115958_2113136.jpg


鍋は炊き出し。普通の鍋ですが、たれは中国から買ってきたもので、豆が発酵していて、味噌に似ている味でした、これがうまい。
私は友人にいただいたヤマモモ酒を持って行きました。
キムチは鶴橋といろいろまぜこぜ。
c0115958_21143331.jpg

子どもたちも遊びを中断し食べています。
この子たちはみな京都府向日市で生まれました。
今日集まった親たちで、「和ーるど」というサークルを作り、
幼稚園に入る頃までは月に一度集まって活動していました。
そこから数年たち、次の4月には小学校に通うこどもも。
細く長くでも、こういう交流が続いていけばと親たちは思うのでした。

鍋をひたすら食べながらひたすらおしゃべり。
中国の教育事情で特に話が盛り上がりました。
中国では、こどもは「いい」大学に入るまで、ひたすらに勉強をするのだそうです。
中学校は、朝7時半にはじまり、夜10時まで学校で勉強をするのだとか。
小学校でも、夜の授業があるところもあったり、成績に応じて優秀なクラス、普通のクラス、その下のクラスという風にクラスわけがされるのだそう。とにかく生まれたときから競争をさせるのだそうです。
中学校の3年間は高校受験のため、高校3年間は大学受験のために、とにかくものすごい時間を勉強に費やす。
いい大学に入って、いい大学院にはいり、いい職につくというのが、成功イメージ。
その競争社会からこぼれると、もう二度とそのレーンに戻れることはないそうです。一生日雇い労働者として生きることになるのだとか。もしそういう道に進んだ親は、次こそはと、こどもに借金をしてでも勉強させ、自分の同じ道を歩ませないように必死に努力するのだそう。
学歴によって、つくことのできる仕事が全く違い、給料・保障なども何倍何十倍と違うことになるのだそうで、
一人っ子である子どもに、両親、おばあちゃん、おじいちゃんの計6人が惜しみなくお金を使い、
とにかく上を目指して走り続ける、それ以外に道はない、とにかく勉強をするしかない。というのでした。
たとえば、大学時代に休職して、他の国を旅行してみる、そんなことはあるの?と聞くと、
絶対にありえない、と中国の友人は口をそろえていうのでした。
そんなことをしたいなら、どうぞ退学してください、という感じとか。
京都大学に留学中の中国人の女の子もいましたので、
その子に中国での学生時代は楽しかったの。と聞いたら、
全然楽しくなかった、つらかった、テレビを一度もみたことがない。朝から晩まで勉強。
家では朝ごはんしか食べない。昼ごはんも夜ごはんも学校で食べた。というのでした。
日本にきて、日本の学生をみて、みんなのんびりしていて大変驚いたのだそうです。
日本のように、運動会でみんながんばったから一等賞みたいなことは、
中国ではありえないし、それは非常におかしいことだと思う、とも言っていました。
確かにそれはどうかと思いますね。
でもそれにしても、この中国の教育制度はなんかもういろいろ超越しまくっているなと非常にびっくりしました。
私の友人は日本で暮らすことを選択しているわけだけど、
中国のお父さん、お母さんは元気にしているの、と聞くと、
兄弟が面倒をみてくれるので大丈夫とのことでした。
しかし、今は一人っ子政策で、ある条件を満たす家族以外は、
子どもを一人しか生めないとなると、兄弟がみてくれる、という状況もなくなるわけで、
この教育も一人しかこどもを生んではいけないという法律も、なんだかすごいな、と
かなり動揺もしてしまったけれど、貴重な話を聞けました。

そんなこんなで、鍋のしめは中華麺で、そうしているうちに
デザート第一弾
c0115958_21365863.jpg

もち米であんこを包んだ、湯だんご、というお菓子。
お湯にもち米が少しとけて、だんごを食べたあとにお湯をのむとあんこの甘さがすーっと消えてとても素朴なあたたみのあるお菓子。
続いてデザート第二弾
c0115958_2137151.jpg

なつめ、蓮の実、クコの実、白きくらげという、貴重な食材でつくられたスープ。白きくらげはじっくり長時間煮込むことで、とろみ(コラーゲン)が出るのだと知りました。サラダで食べるようなこりこりとした触感とは全く違います。
さらにデザート第三弾
c0115958_21372759.jpg

竜眼の実 これまた薬にもなるような食材で、女性には特にうれしいたべものです。
イチジクのような、ライチのような味わい。

このあとさらに、インドネシアのテンペクリン(テンペとピーナッツをかりかりに揚げたもの)を食べたり、
スナック菓子を食べたりと、4時間くらい食べ続けてしゃべりつづけて、会合は終了したのでした。
お料理上手な中国人のママ。
ここでもまたふと思ってしまう。先ほどの教育制度。
そんな朝から晩までずっと勉強して大学にはいって、就職したら、
いつ料理を学ぶんだろう。
それこそ、料理以外にも、雑学を学ぶとか、適当に遊ぶとか、バイトをしてみる、とか
そういう日本では大人になるまでに普通に経験することが
一切ないのか。。と思うとまた心が動揺するのでした。


さてこどもたちは大きな喧嘩もなく、親にほったらかしにされても全く問題なく、鍋としめの麺を食べた後は、ずっとずっと隣の部屋で遊んでいました。
夜ごはんは食べられない、という満腹感で帰宅したとたんに、お腹すいた!とこどもに言われ、
食べ続けていたのは大人だけだったのだと、今更ながら気づく食べまくりの旧正月でした。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-10 21:55 | 日記Rofit,Hiromi
2/9座・九条ワヤン&ガムランコンサート
ーイベントのお知らせー
ジャワ伝統芸能のコンサートを、昨年9月にオープンした座・九条にて。
座・九条は大阪環状線の西九条駅からすぐ。
近くにはシネ・ヌーヴォという映画館もあります。駅前の商店街もいい感じなんですよ。
また座・九条は、ダンスや芝居のレッスン、各種イベントの貸し館としてもご利用が可能なようですよ
寒い時期ではございますが、ぜひジャワガムランのコンサートにお運びくださいませ。
c0115958_20522937.jpg

ジャワの影絵ワヤン・クリ「ビモの羊膜」とガムランコンサート
2月9日18:00~19:30
場所 座・九条  〒550-0027 大阪府大阪市西区九条1丁目28番20号   06-6581-9833

ビモの羊膜
【「ビモの羊膜」梗概】
クンティは子を産みました。
産み落とされたのはたまごのような形をした固い羊膜でした。
風神バユはその子を猛獣の棲む森へ捨てました。
猛獣や妖怪に襲われても羊膜は森の中をゴロゴロと転がり決して破れません。
十数年が経った頃、セノという一頭の象が天界から姿を現し・・・
パンダワ五兄弟の次男ビモ(ブロトセノ・・・ブロト:神の試練を受けるもの、セノ:象の名)誕生の物語。
(「ビモ・ブンクス」 マハバラタより)

【出演】
HANA★JOSS (ローフィット・イブラヒム、佐々木宏実)

【入場料】1,000円
[PR]
by hanajoss | 2013-02-09 18:00 | 2013年のイベント
ジャワ舞踊サークル。ジャワ留学生さんが参加。
2013年1月31日。
ジャワ舞踊サークル、ウィジャヤ・クスマの活動の様子です。
1月から、ジャワ人で神戸大学に留学中のヌンキさんが参加されています。
3月のご卒業までという短い期間ではありますが、
ジョグジャカルタで舞踊の経験があるヌンキさんが加わることで、
雰囲気もぐっとジャワっぽくなります。
c0115958_1541595.jpg

ウィジャヤ・クスマは二月には、吹田のいのっこ祭り、というお祭りに、
出演することが決まっています。
サリ・クスモやゴレ・アユンアユンなど、
ジャワ宮廷舞踊のゆったりとした舞を披露すべく、練習に励んでいます。
c0115958_1533871.jpg


吹田市のいのっこまつりは、
2月23日。
詳細はまたブログで御知らせします。
お近くのかた、どうぞ遊びにきてください。ジャワ舞踊以外にも民族舞踊がみられるようですし、
盛りだくさんのお祭りのようです。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-05 15:08 | H★J舞踊クラス
鼓動初め前夜祭出演しました。
2013年2月2日
茨木市のユーアイホール大階段前で、二日間の和太鼓を中心とした町づくりイベントに参加しました。
c0115958_14562169.jpg

ハナジョス+コンチョ・コンチョという、茨木市で活動するジャワガムランサークルでの出演です。
そこに、岡山から岩本象一くん、茨木市から西田有里さん、二人のガムラン奏者も協力してくれました。
c0115958_14571132.jpg

こちらはリハーサル風景。本番は夕方5時~5時半と少しずつ日が暮れていく中での演奏でした。
心配していた天候にも恵まれ当日は3月下旬並みのあたたかさ。
南国ジャワの伝統衣装でもこごえることなく、演奏できました。

実行委員のみなさんには本当にお世話になりました。
見にくださったお客さんもたくさんいて、あたたかい雰囲気に包まれて幸せでした。
茨木市で、ジャワガムランやジャワ舞踊の活動がもっともりあがっていけばいいなぁと願うような気持ちです。
[PR]
by hanajoss | 2013-02-05 15:00 | 2013年のイベント