ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
完成!サークルの看板
ずっと前に拾った木の板。
いつかこれで看板でもつくろうねと言いながらずっと倉庫に眠っていたのですが、
やっと日の目をみることができました。
c0115958_11494459.jpg

ハナジョスのスタジオ(茨木市)で活動しているガムランサークルの看板になります。
一日目は下絵を描いておおまかな色づけ。
c0115958_11493499.jpg

今朝は、6時に起きて犬と一緒に1時間のお散歩。
昔、すごく汚れてとりも魚もいなくなってしまったことのある川、
今は、渡り鳥が来るし、かめ、フナ、鯉などがたくさんいます。
c0115958_11495428.jpg

外来種から和亀を守ろうの会の方なんかも活動されています。私は子どもの頃泳いでいたこともあったけど、
最近はそういう子は見ないですね。
釣りをしている少年はよく見ます。よーく見るとローフィだったということもあるけれど。

金色の絵の具の粉をまぜて楽器の色づけに使います。ワヤンに使う絵の具です。
c0115958_1150163.jpg


インドネシアの国旗の色にあわせてみた。
c0115958_1150715.jpg


多めに出してしまってあまった色、緑、茶色などいくつもあって、そういう時は色落ちしているワヤンを探して、
ついでに彩色。絵の具が無駄にならなくていい。
c0115958_11501942.jpg


最後にニスを塗って乾かして完成。
スタジオの前に飾るのが楽しみだな。
c0115958_11502570.jpg

[PR]
by hanajoss | 2013-04-21 11:58 | 日記Rofit,Hiromi
公園でジャティランの練習
天気がよかったので、公園へ。
c0115958_1212061.jpg

ジャティランや楽器を乗せて自転車と徒歩で移動、
ガムランを車で運ぶことを考えると信じられないぐらいの軽装です。

お天気のよい土曜日ですのでこどもがたくさんいました。これ何なん、といって集まってきます。
c0115958_1212551.jpg

ジャティランの練習をはじめるや、「変や、変すぎるー」といって逃げていってしいました。
ところがその後戻ってきて、変や、変すぎる、と言いながらずっと側にいるのです。
興味あるのかなと思って、「やってみる?」と聞くと、「絶対嫌や!」というのでした。なんだんねん。

場所が広いおかげで、大きく動くことができフォーメーション作りもスムーズ。
かなりの体力を消耗するので、練習以上に運動の要素が多い。

ジャティランがおわり少し休憩して今度はバロンガン。
ジャティラン(馬)のダンスのあと、トリとして出てくる獅子舞です。
c0115958_1213276.jpg

c0115958_1213920.jpg

2時間ほどたっぷり練習したでしょうか。
途中からは、変や!といっていた子どもも
「これやるのんいつなん」「どこでやるん」、と聞いてきたり、さらに
c0115958_1215249.jpg

こうして馬に乗って踊ってみる子も。
c0115958_122078.jpg


動きも演奏もとても上手だったので、ガムランサークルにおいでよ~と言っておきましたが
さて来てくれるんでしょうか。
みんなの小学校にも踊りにいくから、先生にハナジョス呼ぼう!って言っておいて、と言っておきましたが、
さて呼んでくれるんでしょうか。

日も暮れてきました。
c0115958_122817.jpg

すっかり馬と仲良くなったのかもっと一緒にいたそうなこども二人。たしかに動物好きにはたまらないと思うわ。

さて、スタジオに戻り、水分補給をしてこの日最後の練習は、
c0115958_1221853.jpg

エアガムラン。こちらももっともっとよくしていきたいです。

太陽にあたり、はだしで土をふみしめたからか、
この日の寝つきはすごくよかったです。頭もすっきりしましたし。
こういう時間が自分の日常にあることは大事だなと思いました、もっと暇の有効活用をしなくっちゃ。
[PR]
by hanajoss | 2013-04-15 13:03 | 日記Rofit,Hiromi
ジャティラン練習@ウィジャヤ・クスマ
ジャワ舞踊サークル ウィジャヤ・クスマで
ジャティランの練習をしました。
c0115958_11192975.jpg

ジャティランというのは、ジャワの農村などで行われる芸能で
竹で作られた馬にまたがり群舞するもの。
一度始まると1時間×10セットと丸一日舞は続き、
舞う人がトランスすることも珍しくありません。
ガムランと同様、村の祭事によばれるジャティランですが、
人数も多く高価な楽器がずらりと並ぶガムラン楽団に比べて
ジャティランは楽器の数もシンプルで、招きやすいともいえるでしょう。
ジャティランを舞う人たちも本職は農家、会社員、教師とさまざま。
ゆったりしたガムランよりも、エネルギッシュなジャティランを好み、
真似して踊ったりするこどももいますよ。

いくつかの舞の形を一つずつやっていきます。
c0115958_1119473.jpg


優雅な王宮のガムランや舞踊とともに、ジャティランのような民衆の芸能も紹介する機会をもてたらと思います。
c0115958_1120267.jpg


ウィジャヤ・クスマはいつでもメンバー募集中です。
性別、国籍不問、こども、おとな、どなたもどうぞ。
[PR]
by hanajoss | 2013-04-15 11:24 | H★J舞踊クラス
テンペゴレンの朝食
ジャワ帰りの友人にもらったテンペ、大豆の発酵食品で、日本で手にいれるのは少々割高になるけれど、本番ジャワでは高タンパクの低価格な味よし伝統食材であります。

ラヤッという石臼で、にんにくをつぶし、塩と水を加えたところに、切り目をたくさんいれて味を染み込みやすくしたテンペを浸けます。
c0115958_9123761.jpg

しばしおいておきます。
c0115958_138064.jpg


そして油であげる。今朝は多目の油で焼く感じにしました。
食卓もお弁当も、うれしいテンペゴレンの出来上がり。
c0115958_1392764.jpg

[PR]
by hanajoss | 2013-04-12 09:12 | 日記Rofit,Hiromi
Nyungging春の日のワヤンメンテ
c0115958_11465991.jpg

2013年 4月 4日 11:47
ワヤン部屋で、ワヤンの彩飾をするローフィ。
春の光が差し込み、風にあたるワヤンが気持ち良さそう。
[PR]
by hanajoss | 2013-04-04 11:46 | 日記Rofit,Hiromi
日記:お花見with和ールド(向日市の国際結婚親子サークル)
3月31日は、京都府向日市でお花見をしました。
国際結婚で生まれたこどもたちとその親のサークル「和ールド」での集まり。
前回は、旧正月に集まりましたのでひとつきぶり。
前回よりたくさん集まり30人を超えてにぎわいました。

心配だったお天気もこの後は回復していきました。
c0115958_1292183.jpg

今回声かけをしてくれた京子さん。ダンスと料理が上手でしっかりしている!
c0115958_1291341.jpg

和ールドの大好きなところは、誰も何も決めてないのに、おだやかにいい感じに時が過ぎていくところ。
集まってどうも~と言っている間に誰かがおもむろに弁当を広げ、その後滑らかに弁当タイムへ。
c0115958_1293259.jpg


食後はおやつ。メキシコ人のラウラがケーキを作ってきてくれた。季節感のある色合い、クリームチーズの甘酸っぱさが最高。手にしているのは京子さん。
c0115958_12113161.jpg

これを、しっかりものの中国人の稲美さんが切り分けてくれます。
c0115958_12111945.jpg

16等分されたケーキを、どう分ければいいでしょう。
いい具合に8家族だったので、1家族2切れにしよう、そうしようそうしよう。
c0115958_12111233.jpg


こんなお菓子も回ってきました。
c0115958_1211481.jpg

これはパキスタンのお菓子で、甘味、酸味、辛味全部が入っている複雑でスパイシーでおいしいお菓子でした。この袋を見て、バングラデシュのパパが、「おおおお!これめっちゃすきや!」とテンションあげていました。
c0115958_12255053.jpg

お菓子をくれたのはアリさん。
c0115958_12105553.jpg


こちらはメキシコと日本のダブル、大地君と、インドネシアと日本のダブル、ごん君。
二人は赤ちゃんのとき顔がとっても似ていたのだけど、それぞれに違う味をかもし出してきましたね。
c0115958_12113939.jpg


はじめて参加したこどもたちも、すぐ仲良くなって広場をかけまわる。
c0115958_1226383.jpg


木のぼりをはじめるこどもたち。
c0115958_12101829.jpg

地域見回りのおじさんたちがいて、これはまずいなぁと思ってると、
ごんくんがおじさんに「木にのぼってもいいですか」と聞きに言った。
案の定、だめっぽいんだけど、おじさんもやさしいです。どうしてのぼるのがよくないかをゆっくり説明。
「わかった?」と聞かれてごん君うなずく。「それでものぼりたいの?」と聞かれてやっぱりごん君うなずく。
そんなやりとりもあったのだけど、少しするとまた誰かがのぼりはじめるという。おじさんはもう何もいいませんでした。
c0115958_12103247.jpg


その後は、こおり鬼をしたり、だるまさんが転んだをしたり、風船で遊んだり、野球したり、色々。
c0115958_1294785.jpg

久しぶりにこどもたちと同じように走り回って、自分の運動不足を実感。ダッシュができなくなっているなぁ。
c0115958_1210128.jpg

お母さんたちとのおしゃべりも楽しい。スペイン語、中国語、英語、日本語が飛び交います。
4月から小学校へ通うこどものいるお母さんが、先輩たちにいろいろ聞いている。
日本語ができないお母さんは、学校からの手紙ややりとりに不安をもっていたりもする。
和ールドメンバーが同じクラスいたらこころづよいのになぁと言ってると、
「全然だいじょうぶ、なんとかなるわよ」と誰かがいう。「そうだよね~」とみんな。
学校のしおりをあけて、何が描かれているのか質問するパパ。
上靴袋、給食服袋、体育館シューズ入れ、うがいコップ袋、などなどどんだけや!という袋の数。
かくいう私もこの袋の準備がおっくうで、3月末日までやる気が起きずなんの準備もできなかった。
そんな折、先輩母さんが一言!「スーパーの袋で十分!」
後輩「そうなんすか、そうなんっすか!?」
「ちゃんと名前はかくんやで!使い終わったら捨てると!」「はい、先輩!」
そんなこともあって、パパもずいぶん安心しているようでした。
いろいろ規格があったり、決まりごとが多いような気がする小学校生活でしたが、
結局、いろんなアイデアで乗り越えていけるんだろうなぁと私もとても気持ちが楽になりました。
いろんな考えの家族があるわけだから、周りを見ながら、取り入れられる工夫を探していこう。

「バスケの試合のチケット買ってあるからもういかな!」とパパ。
みんなで集合写真をとりました。
c0115958_129023.jpg

(この間にトイレに行っていたりコンビニにビールを買いにいってる人もいたりしたんだけど、
まあいいや!ってことで撮りました。

たくさん遊んで楽しかった!
こどもが大きくなるにつれ、引っ越したり、仕事をはじめたりと、どの家族にも変化はおとずれ、
しょっちゅう集まれるわけではないけれど、
いつ集まっても居心地がよくのんびりとした雰囲気のこのサークル。
いろんな考えの人たちからいろんなアイデアをもらい、
そして心の中がパワーで満たされる。いろんな種類のパワー。まるでパキスタンのあのスナック菓子のよう。
[PR]
by hanajoss | 2013-04-01 12:44 | 日記Rofit,Hiromi