ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ:プロフィール ( 6 ) タグの人気記事
フォト:10/12観月の夕べ photo by Mino Saito
ーフォトギャラリーー
2011年10月12日18:00~「観月の夕べ」
ワヤン「プトゥリ・バンブー」影絵・雅楽・ガムランのシーン Photo by Mino Saito
18:00、開演のはずが・・・。
c0115958_1019773.jpgc0115958_10191059.jpg
まるで人間たちを試すかのように、天界の女神たちは実に丁寧にゆったりと身支度を整えたのです。
c0115958_10192033.jpgc0115958_10191762.jpg

18時過ぎに来られた方や立ち見の方に椅子をご用意できたので、なかなか出てこなかった天界の女神に感謝。開演。
c0115958_10192336.jpgc0115958_10192691.jpg
c0115958_10193025.jpgc0115958_10194574.jpgc0115958_10194235.jpg
飛んだり回ったり。女神舞う幣殿へ、今にものぼっていきそうな女の子でした。
c0115958_10202048.jpg
c0115958_10195277.jpgc0115958_10195676.jpg

c0115958_1020423.jpg

終演後の一枚    大石麻未、佐々木宏実、西田有里、西岡美緒、阪井宮司
c0115958_1020965.jpg
森井亜華音(龍笛)、柏 祐香子(鳳笙)、ローフィット・イブラヒム、アナント・ウィチャクソノ
プロフィールや演目等の詳細はこちら
[PR]
by hanajoss | 2011-10-18 10:45 | ワヤン演目
HANA★JOSSプロフィール2009
HANA★JOSS(ハナジョス) 
c0115958_17394317.jpgありがとうございます
自己紹介
2002年11月にジャワ島ジョグジャカルタで結成
インドネシアの伝統芸能ワヤンと、民族音楽ガムランの演奏をする二人組
2005年に活動の拠点を日本に移し
ホールやレストラン、美術館、村のお祭り、結婚式など、
呼んでくださればどこへでもおじゃまします、よばれなくてもまいります
伝統芸能を深めることを柱とし、
ワヤンチャンクマン(にもいろいろありますが、H★Jはダラン一人、演奏一人、口でも楽器や効果音をだし、二人で上演するワヤン)
というスタイルを日々模索しています
伝統芸能のほかに
ガムランCMソング、
言葉・リズム・ダンス遊び「お茶ケチャ」、
新作ワヤン
アーティストとのコラボレーション
地域の方との交流
子育て(育てられ)
などもしています


メンバー紹介
ROFIT IBRAHIM(ローフィット イブラヒム)
1979年8月22日インドネシア、ジョグジャカルタ州スレマン生まれ。
幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。
インドネシア芸術高校(SMKIジョグジャカルタ)、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科(ISIジョグジャカルタ)を経て、卒業後はジョグジャカルタにあるパクアラマン王宮のガムラン演奏家としても活動。日本では各種公演、ワークショップ、講師として活動。

佐々木宏実(ささき ひろみ)
1979年7月17日大阪生まれ。
神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽コースに在籍中、1999年ガムランに出会う。
2002年からインドネシア政府奨学生としてインドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科に二年間留学。留学中は王宮、放送局、村での演奏会の他、作曲活動をした。

これまでの主な公演・ワークショップは
このHANA★JOSSinformationブログをご覧ください。

ハナジョスのHPでは、
ガムランの写真、曲の視聴、お茶ケチャの視聴、
ワヤン人形のコレクション、ワヤン演目のあらすじや動画
なども見ることができます
ぜひ訪問してみてください http://hanajoss.net/

出演のお誘いやお問い合わせなど
楽しみにお待ちしております、お気軽にご連絡ください


質問・お問い合わせはmail@hanajoss.netへ

ブログを見てくださってありがとうございます
これからもよろしくお願いします
[PR]
by hanajoss | 2009-12-23 10:33 | ハナジョスプロフィール
ガムラン
ガムラン  Gamelan

インドネシアの各地で発達している伝統的な打楽器を中心とした楽器群、またその楽器で演奏される音楽そのものでもある。ガムル(たたく、つかむ)という言葉が元になっている。打楽器の素材にはいくつかあり、青銅、竹、銅、鉄などで作られるガムランがある。中部ジャワのガムランとよばれるものは青銅製の打楽器群であることが多く、打楽器に加えて、竹の縦笛スリン、両面に皮をはった太鼓クンダン、木琴ガンバン、弦楽器のルバブやシトゥル、さらに合唱や独唱などの歌声も入れば、まさにアジアのオーケストラとも呼べる大編成の音楽である。
青銅製の打楽器の形は大きく分けて3つある。バルンガン、プンチョン、ブンブンガン。
バルンガンは、鉄琴を木の枠の上に7枚並べたもので、鉄琴の大きさによってオクターブが違うものが数種類ある。力のある大きな音で曲の核となる部分を担当する。
プンチョンは、こぶのある楽器。一枚の青銅をたたいてこぶをつくり音程を作る。紐を張った木枠に2列に並べるボナンや、ボナンの大きなものクノン、紐をつけて吊るしてたたくゴン、クンプルなどがある。
ブンブンガンは、鉄琴の下部分に筒を置きビブラフォンのように音をのばすことのできるもの。
音階はペロッグ音階とスレンドロ音階の二つで、それぞれに3つの調がある。ペロッグ音階は沖縄の音階に少し似ていて、スレンドロ音階は一オクターブをほぼ5等分にした音階。一晩かけて上演されるワヤンでは、物語の進行に沿って調が変わる。観客は時間の経過、真夜中なのかもう朝は近いのかなど、おおよそではあるが知ることができる。
[PR]
by hanajoss | 2009-09-02 22:48 | ハナジョスプロフィール
ジャワ舞踊
ジャワ舞踊 Tari Jawa

ジャワ語でブクソと呼ばれる古典的な舞踊は、主に宮廷芸術家によって創作され代々の国王に捧げられたが、王自身による作品もいくつか見られる。ガムランの伴奏とともに王宮の舞踊家や王族によって演じられていた。
 踊りには、善と悪や人間の心の中の尽きない葛藤や戦い、恋を描写するものや、民間で発祥した豊作を祈る舞、またラーマヤナやマハバラタ、東ジャワ発祥のパンジー物語などを演じる舞踊劇もある。今日では王宮での儀式や娯楽にとどまらず、民間の結婚式などの通過儀礼やお祭りの際に踊られる。ワヤンが一晩で語られるように、王宮での舞踊もまた100分をゆうに超え踊り続けられるものもある。現在よく見られる舞踊は、公演のために凝縮されたバージョンや、新しく創作されたものが主となっている。
(文:岡戸香里)
[PR]
by hanajoss | 2009-09-02 22:47 | ハナジョスプロフィール
ワヤンとは
ワヤン・クリとは
ワヤン・クリ(Wayang Kulit)は、水牛の皮の透かし彫りでつくられた人形(人形そのものもワヤンという)を白い幕(クリル)に投影しながら演じられる、インドネシアの伝統芸能です。(ワヤンは影、クリは皮の意)。
ジャワでは誕生祝や結婚式、独立記念日等の行事や村のお清めなどの儀礼の際に、夜9時頃から翌朝5時頃まで、ガムランの音色とともに夜を徹して上演されます。その様子は、まるで縁日の賑わいのような雰囲気で、人々の暮らしの中に息づいています。09年のユネスコ世界無形遺産に登録されました。


c0115958_15403847.jpg
c0115958_15404985.jpg
c0115958_1541066.jpg
c0115958_1541920.jpg

[PR]
by hanajoss | 2009-09-02 00:09 | ハナジョスプロフィール
Profile(bahasa Indonesia)
HANA★JOSS(Rofit Ibrahim,Hiromi Sasaki)
Unit Gamelan&Wayang yang lahir di Yogyakarta pada Nov 2002.
Kegiatannya pentas Gamelan Jawa dan Wayang kulit tradisi,
workshop,komposisi baru,kolaborasi dengan para seniman dll.
Berkigiatan di Jepang sejak 2005.
HP: http://hanajoss.net/
Blog: http://hanajoss.exblog.jp/

Rofit Ibrahim
Lahir di Semoya Tegaltirta Berbah Sleman Yogyakarta pada 22 Aug 1979.
Mulai kegiatan Gamelan dan Wayang dari kecil dalam lomba karawitan anak SD.
Lulus SMKI Yoyga tahun 1999,melanjutka di ISI Yogya,ikut misi kesenian ISI
di Festival Asia Helsinki di Finlandia 2002.Lulus ISI tahun 2004.
Masuk abdi dalem Pura Pakualaman.
Dari 2005 tinggal di Jepang berkegiatan mengajar Gamelan,workshop,pentas Gamelan
dan Wayang sebagai dalang.
Kolaborasi dengan para seniman Jepang
(misalnya seniman seni rupa Shinta Inoue,Kana Hayasi,
pemusik Makoto Nomura,Kelompok gamelan Margasari,Lambangsari,
Darma Budhaya,Tirta kencana,Figo Biyori Gakudan dll)
Workshop buat wayang kertas sama anak2 ataupun dewasa.
Buka sanggar gamelan di Studio"Rumah Wayang"(Studio HANAJOSS)

Hiromi Sasaki
Lahir di Osaka Jepang pada 17 Juli 1979.
Mulai gamelan sejak 1999 dalam Kelompok Margasari di Osaka.
Lulus Univ Kobe jurusan musik tahun2002.
Dari 2002 masuk ISI jurusan Karawitan dalam program Darmasiswa sampai2004.
Kembali ke Jepang mulai bergiatan
pentas,workshop,mengajar Gamelan dan Wayang.
Juga kolaborasi dengan para seniman dan anak2.
Dengan gamelan berkegiatan pentas sebagai sarana komunikasi,
untuk itu pentas2 di Panti Jumpo,Rumah yatim piatu,Rumah sakit dll.
[PR]
by hanajoss | 2009-03-01 21:27 | ハナジョスプロフィール