ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Tengok kampung lahirku(生まれ故郷に帰る)
Rencana bulan depan mudik ke Jawa sama keluarga.
Sampai sekarang hampir setiap tahun tengok Jawa,
tiap mau pulang rasanya senang sekali.
Hitung hari demi hari semakin dekat.
Rencana di samping bertemu keluarga,teman2,
melihat pertunjukan wayang dan gamelan,
yang paling saya mau lakukan
memperkenalkan anakku dengan anak2 sana
bermain bersama mereka.
Mau mengulangi masa kecilku dengan anak2ku:
misalnya cari ikan di sungai,cari rumput untuk sapiku.
Ambil sayur di sawah,pokoknya bermain bebas.
Menurut saya pengalaman ini sangat penting sekali bagi anak2 sekarang.
Kebanyakan pengalaman bersatu dengan alam sangat kurang sekali.
Bahkan langsung masuk dunia maju yang serbah mudah,
praktis jadinya kurang kuat jiwanya dengan rasa kotor,capek,panas dll.
Kebetulan tempat lahirku itu sangat desa sekali.
Dekat sawah,sungai,tempat luas pandangannya,
banyak hijau2an.
Banyak binatang2 di sekitarnya seperti ular,corok,sapi,kambing,ayam,bebek,
Mentok,ikan sawah,ikan sungai yang dapat ditemui setiap menit.
Jadi dekat sekali dengan sesama hidup bersahabat sekali.
Di negara maju ini hanya bisa lihat binatang itu di kebun binatang saja.
Lihat corok pun takutnya minta ampun.
Bahkan punya perasaan benci mau matikan.
Itu salah!
Sesama hidup di bumi ini harus saling membagi tempat hidup
dan saling memhidupi.
Pelajaran ini bagus sekali untuk anak2 kususnya anakku besok.
来月家族でジャワに行く予定。
これまで一年に一度はジャワに行っているけど、
毎回、とても楽しみ。
出発を指折り数えている。
家族や友達にあったり、ワヤンやガムランの公演を見るほかに、
あたしが一番やりたいと思っているのは、
私の子どもをジャワの子どもに会わせて、一緒に遊ぶこと。
子どもと一緒に私の小さかった頃を再体験したい。
例えば、川で魚を探す、牛の草を探しに行く、
畑に野菜を採りに行く、つまりは思い切り遊ぶ。
こいう体験はとても大事だと思う、今の子にとっても。
多くの子は自然とともに生きることがかなり足りてないのではないか。
さらに足りないままに、「便利な」、何でも簡単にできる世界へ入って行ってしまう。
そうすると、汚いこと、しんどいこと、暑さとかそういうことへの忍耐が足りなくなる。
たまたま、私が生まれたところはめちゃくちゃ田舎。
近くには田、川、広い景色がある。
緑もたくさんある。
たくさんの動物も周りにいる。
へび、ごきぶり、牛、やぎ、鶏、かも、あひる、田にいる魚、川魚、などちょっと歩くたびに出会う。
この世にいる生き物と近いということ、交わりがあるということ。
この進んだ世界だと、動物を見るなら動物園に行く。
ごきぶりを見ただけでその怖がりかたといったら。
さらにはきらって、殺そうとまでする。
それはまちがい!
この地球の生き物はお互い生活スペースを分けないといけないし、
お互いを生かしあわないといけない。
これについて学ぶことは、子どもにとって大事、次は私の子も勉強する。
c0115958_2364116.jpg

[PR]
by hanajoss | 2010-02-18 23:07 | 日記Rofit,Hiromi
<< Sabda Sri Sulta... チラシ試行錯誤 >>