人気ブログランキング |

ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
カテゴリ:2008年のイベント( 58 )
6/21 心のままに躍ってみよう!~身体表現ワークショップ~
5月~9月の間行われる、富田林市中央公民館でのワークショップに、
HANA☆JOSSもガムラン持って参加します。
6/21はH☆Jの初参加日でした。

14時から開始ということでしたが、
この日は暑かったから、かき氷でもかっくらってっかーみたいなことだったのでしょうか、
人びとの集まりはひじょーにゆったりでした。ははは。
最初に、ハナジョスやゲストの人がうたったり演奏したりして、自己紹介をして、
その後ダンサーの片上守さんが踊りだして、その踊りにガムランとか、カホンとかジャンベ、ピアノ、いろーんな楽器を使って、参加者みんなで即興演奏をした。
盛り上がってきたところで、なんと、ソーラン節だったかな?の音源ががつーんと入ってきて、
それもありかー!という感じで、みんなそれに合わせて踊ったり音だしたりして、
大騒ぎだったが、音源が、そこでそうすると決めていたといわんばかりに、いい感じにやー!と最後の掛け声をくれたので、そこで演奏が終わった。20分ぐらい演奏していたかな。

ハナジョスははじめての参加で、初対面の人ばっかりだったから、
はじめはもじもじしていたけど(このもじもじ時間が好きなんやけど)
音を出したり、目と目で踊ったりすることでするするとちょっとずつほどけていった。
演奏やパフォーマンスのプロは、その時、その瞬間の空気をキャッチして、
はじめての場所でもはじめての人とでも、面白い演奏をする。できる、できねばならぬ。
というのは、ちょと違うと思ってて、
こんなところに来てしまったが一体どうしたらいいのだろう
という思いも、自分が感じていたらだいたい隣の人もそうだったりするから、
(ねー、どうしましょうね。空気がいまひとつですねー)
という心の会話みたいなんも、時間を使って、ぞくぞくどきどきしながら交わして、
そこから少しずつ、ぎこちないところから何かがはじまっていくのが、
このところのワークショップのわたしのポイントになっています。
合コンはしないけど、そういう時にもこれ試すといいかもしれません。

ーイベントのお知らせー(チラシより) 
音を感じながら心のままに踊ってみよう!~身体表現ワークショップ~
「身体・声・音」をつかって、新しい表現の世界を見つけませんか?
主に知的しょうがいのある方を対象に、身体表現のワークショップを実施します。
心のままに身体表現を楽しみにながら、9月14日(日)の発表を目指します。

対象:しょうがいのある方もない方もどなたでも
とき:5/10・24、6/7・21、7/5・19、8/2・23、9/6・13
発表は9月14日(日)午後2時からを予定しています。
曜日:土曜日
時間:午後2時~3時30分
ところ:中央公民館2階ホール
定員:15人
講師:片上守(コンテンポラリーダンサー) 本間知子(即興音楽)・HANA☆JOSS(ガムラン) その他、地域のミュージシャンなど

申し込み・・・・・はすみません。終了しています。が、定員をみたさない講座は引き続き受け付ける、とのことですので、参加希望の方は中央公民館へ一度お問い合わせください。
by hanajoss | 2008-06-21 00:23 | 2008年のイベント
6/12 ラジオFM79.7出演
2007年4月よりはじまったラジオ放送番組 NPOインホープON AIR (毎週木曜日10:00オンエア、リンクより過去の番組も聞くことができます)に出演しました。
FM79.7は、京都三条とーべえビルのスタジオから発信されていますが、南丹や向日市などかなり広範囲までキャッチすることができるようです。

私たちは、5月末にでかけたジョグジャカルタスモヨ村でのワヤンの様子、また6月に神戸で行った中学生との1週間のワークショップから、「お茶ケチャ」をお届けしました。
いやー、時計とにらめっこしながらしゃべるというのは、緊張するものですね。
一秒一秒をこんなに意識しながらすごすことはあまりなく、刺激的で楽しかったです。

「お茶ケチャ」、なんだか今後もラジオ登場の機会がありそうです。お茶ー!
by hanajoss | 2008-06-12 11:14 | 2008年のイベント
6/8 第5回ティルトクンチョノ定期演奏会
ーイベント情報ー第5回ティルトクンチョノ定期演奏会2008

日時:2008年6月8日(日)
場所:甲賀市碧水ホール

滋賀県のガムラングループ、
ティルトクンチョノの定期演奏会に、ローフィが出演しました。
もう5回目になるのですね、月日がたつのはあっという間だなぁ。

私はお客さん。今回もとっても楽しませていただきました。
ガムランの古典曲や舞踊曲のほかに、現代曲やティルトクンチョノによるオリジナル作品なども楽しめて、毎年この演奏会はてんこ盛りの大サービス演奏会なんです。
階段状の客席のほかに、舞台のすぐ下あたりに、
身長3.5mくらいの人が4,5人眠れそうな、座布団しきつめ台が置かれていて、
私は子供と一緒にそこで演奏を聴きました。ごろごろできて最高。
そうするうちに、こどもたちがどんどんやってきて、そこで一緒にごろごろしたり、
ガムランに合わせて踊るように指示されたりして、そのうち手に手をとって踊りだしちゃって、それも妙に音や空間になじんでいるように感じて、楽しかった。
by hanajoss | 2008-06-08 00:58 | 2008年のイベント
6/2-6 トライやる・ウィーク2008
今年のトライやる・ウィークはハナジョスと岡戸香里さんの3人と、港島中学校2年生の6人、それからジーベックのスタッフさん達とで5日間を無事、やりきりました。

ガムランと影絵とお茶ケチャ、中学生の持ち寄り楽器などなどを取り入れて、
ワヤン・オペラ「スーパーさめおじいさんの冒険」が生まれました。
初日はみんな、とくに中学生が緊張していて、
なんかしーん。丑三つ時みたいでしたが、
それもよし、ということで、
とりあえず、自己紹介してからガムランを触ってみました。
音を好きに、自由に、出していいよ
と言ったところ、
おそるおそる楽器にふれ、時々、バチが楽器に当たってしまったから音がでちゃった、
のかと思われるような音が出て、なんとも、ひじょーにぎこちない。
5分くらいそのままで、どうしようもぎこちなかったので、そこで
「ぎこちない」というタイトルに最高にぴったりの曲が生まれました。
これがハナジョスと岡戸さんと中学生が最初に作った曲。
その後、新たな曲が生まれ、ストーリー「スーパーさめおじいさんの冒険」が生まれ、影絵をつくって、盛り上がっていく私たち。
さて、この「ぎこちない」は5日後の本番でちゃんと「ぎこちなく」演奏できるものやらどうやら。


島っ子 ワヤン・オペラ と題するこの作品の制作過程が、
TOAのサイトで見る事ができます。
ワークショップ5日間を克明に書きつづってくださったピーちゃん、ありがとうございます!
というわけでこちらをぜひどうぞ~! → 島っ子ワヤン・オペラ

トライやる・ウィークとは・・・
1998年から兵庫県の全県行事として進められている「トライやる・ウイーク」。県下の全公立中学校二年生が、一週間学校を離れ、校区の企業や施設で社会体験を行う教育行事です。
TOAでは地域貢献の一環として毎年生徒を受け入れ、音楽の創作活動に取り組んでいます。プロのアーティストと一緒に、学校ではないプロの音楽ホールを使って、一生に一度しかできない自分たちのコンサートを開こう。
(TOAサイトより。過去の記事はこちら
by hanajoss | 2008-06-02 00:50 | 2008年のイベント
5/10 第二回現代アートの森 「森のコモンズ」
ーイベント情報ー
「森のコモンズ」(第2回現代アートの森)

ハナジョスは10日の16時(演奏:スカルムラティ)と20時(演奏:マルガサリ)の二回、出演します。

以下はマルガサリ公式サイトより転載します。

■会期
5月4日~11日

■会場
スペース天、TeNBA-Aとその周辺会場へのアクセス情報などはこちらをごらんください。

チケットご予約
■コンサート、パフォーマンス、参加型プログラム、フォーラム

10日
11時~ 参加型プログラム 「ネイチャーリミックス」 花村周寛
13時~ 参加型プログラム 即興詩劇「ものがたりをつくる」上田假奈代
15時~ ガムランコンサート1 コットロウイ新作初演 マルガサリ
16時~ ガムランコンサート2 スカルムラティ

17時~ (休憩)

18時30分~ ガムランコンサート3 三輪真弘「愛の讃歌」マルガサリ、河本知子(Vo)
20時~ ガムランコンサート4 ジャワ古典曲・舞踊 マルガサリ
23時~ バーンスリーコンサート HIROS
24時~ ミッドナイトシアター 小島剛サウンドパフォーマンスほか

11日
10時~ 参加型プログラム 「あたらしいダンスの発見」 佐久間新+伊藤愛子
12時~ 参加型プログラム 鈴木昭男さんと音遊び
14時~ フォーラム「いまコモンズとは」 中川真、上田假奈代ほか
15時~ トーク&コンサート デイヴィッド・コットロウイ新作初演 マルガサリ、ダルマブダヤ


■展示

4日~11日 インスタレーション「ニテヒナル」花村周寛(スペース天と周辺)
10日~11日 映像インスタレーション「ビデオロマンチカ」Avis aux amateurs d'image!(スペース天と周辺)
中村真由美作品展、マルガサリ「桃太郎」映像展示(TeNBA-A)


■参加アーティスト
David Kotlowy(デイヴィッド・コットロウイ 作曲・レジデントアーティスト)
マルガサリ(ガムラン)
スカルムラティ(ガムラン)
ダルマブダヤ(ガムラン)
鈴木昭男(サウンドパフォーマンス)
上田假奈代(詩人)
伊藤愛子(ダンス)
佐久間新(舞踊)
花村周寛(インスタレーション、会場デザイン協力)
Avis aux amateurs d'image!(久保田テツほか・映像インスタレーション)
HIROS(バーンスリー)
小島剛(サウンドパフォーマンス)
HANA★JOSS(ガムラン)


主催 京都国際現代音楽フォーラム
共催 現代アートの森実行委員会
後援 大阪府 大阪市立大学都市研究プラザ
協力 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
助成 芸術文化振興基金
by hanajoss | 2008-05-10 15:04 | 2008年のイベント
5/10 花まつり 紙芝居案・ワヤン in滋賀
ーイベント情報ー
日時:2008年5月10日(土)11:00~
場所:滋賀県のお寺

花まつりにワヤンをしに行きました。
去年と同じく、絶叫紙芝居家の林加奈さんと一緒に。
去年はワヤン桃太郎をしましたが、Elephant ant manをやりました。

お釈迦さまの話をご住職から聞くことができるのも、この日の楽しみの一つ。
さらに今回は、甘茶をお釈迦さまの像にかけるという儀式にも参加させてもらいました。
この甘茶というのはとっても不思議な味わい。
のどごしは普通のお茶のようなのに、ごくっと飲んだ瞬間、
舌に甘みがじわーと広がる。その感じるところというのは、
砂糖とかくだものの甘さを感じる部分とは、別の部分。
だからすごく不思議な感じがする。自分の体じゃないみたいな。
by hanajoss | 2008-05-10 11:00 | 2008年のイベント
4/26 Junkroom VOL4
ーイベント情報ー
日時:2008年4月26日(土)
場所:Junkroom
出演:DJ SHABUSHABU
HANAJOSS
HIROMI SHIRAI
SHINYOKOEBAND
KANEKO KITAWAKI GUITAR DUO
15MM FILMS(Screening)
DUNCAN GALBRAITH(Photos)
DJ AFRIphoniCAAAA
入場料:1000円(1ドリンク付き)
開場:7:30pm

ワヤンクリを、ワヤンゴレ風にやってみました。
写真は後ほどアップするぞ。
by hanajoss | 2008-04-26 09:21 | 2008年のイベント
4/23 大津市で演奏など
ーイベント情報ー
日時:2008年4月23日(水) 午後
場所:大津市朝日ヶ丘

Ldr.Wilujeng
Langgam Antepingsih
ワヤンの話&短いパフォーマンス
伝統衣装の着付け&撮影
Ldr.Asmarandana
Dolanan Swara Suling

一時間とみじかい時間でしたが、結構もりだくさんにできたと思います。
by hanajoss | 2008-04-23 00:30 | 2008年のイベント
3/31 ライブ 子の刻は、かのように 
ーイベント情報ー
歌と語りのゆやさんによる京都アーバンギルドでのライブに出演しました。
以下詳細です。

子の刻は、かのように
     今日は、昨日と鳴り、明日は、今日と鳴る・・・・
          とどまる事を許されぬ音が、どこかで鳴り響く 

日時:2008年3月31日(月)18:30Open 19:30Start
場所:Urbanguild (京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F)
チャージ:1800+1drink adv. /200+1drink door.
出演:HANA☆JOSS、yakkami(sound)、ゆや(歌&語り)with 浅見旬一(guitar)、他
by hanajoss | 2008-03-31 00:00 | 2008年のイベント
3/30 めくるめく紙芝居公演
ーイベント情報ー
めくるめく紙芝居に参加して、今年が3度目の春です。
今年のめくるめく紙芝居は、ミステリー?
んじゃな~い?となんとも軽薄(笑)な感じで、事件は謎につつまれる。
この結末やいかに??
以下、めくるめくブログより抜粋です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
めくるめく紙芝居公演
「京都 プチ山 うさぎ事件簿 宇宙行ってきたんじゃな~い?みんな楽しいんじゃな~い?めくるめくんじゃな~い?」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●とき:2008年3月30日(日) 午後3時 ※開場は開演の30分前
●ところ:東御坊(山科別院長福寺)本堂
 住所:京都市山科区竹鼻サイカシ町1317 
 アクセス:京阪・地下鉄・JR山科駅から徒歩10分
●料金:投げ銭制
●出演者:伊藤泰三、井手上春香、小笠香澄、櫛谷花子、小暮宣雄、近藤柚子、西森一生、 中島正光、冨田春菜、長谷川峻也、平井綾、古川貴光、村岡俊和、安田知史、 安田良行、吉田綾、吉村真也、渡邉あい子 ほか、めくるめく紙芝居ワークショップ参加者 (出演者は変更になる可能性があります)
●ゲストアーティスト:林加奈(画家・音楽家)、HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)、山下残(振付家・演出家)、井上信太(美術家)

●問合せ先
 めくるめく紙芝居実行委員会(担当:いでがみ)
 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
 Tel.090-6731-8598、FAX 075-231-8607、e-mail.idegami@arts-staff.net

【主催】めくるめく紙芝居実行委員会 
【共催】京都市山科青少年活動センター 
【助成】財団法人アサヒビール芸術文化財団、財団法人大阪コミュニティ財団、
 京都新聞社会福祉事業団、松下電器ハートフルメセナ基金
【特別協賛】アサヒビール株式会社
【協力】京都橘大学(小暮宣雄研究室、たちばなアーツマネジメント研究会)、
 子どもとアーティストの出会い、真宗大谷派(東本願寺)山科別院、NPO法人わくわく
【後援】京都新聞社会福祉事業団、社会福祉法人京都市山科区社会福祉協議会

===================================

○ご注意とお願い:
 今回の会場はお寺ですので、バリアフリーではありませんが、
 みなさまにお楽しみ頂ける環境づくりを心がけています。
 車椅子等をご利用の方は、可能な対応についてご案内させて頂きますので、
 事前にお電話・FAXまたはメールでお問合せください。

○ゲストアーティスト プロフィール
【林加奈】
音楽家・画家・紙芝居師。国内外でコンサートやワークショップ、紙芝居活動を行う。
鍵盤ハーモニカオーケストラ「P-ブロッ」メンバー。
【HANA★JOSS(ROFIT IBRAHIM・佐々木宏実)】
ガムランユニット。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、
ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーションなど、京都を拠点に活動中。
【山下残】
振付家・演出家。主な作品に、揺れる舞台で踊る「船乗りたち」、
即興を演出する「動物の演劇」、観客に本を配りページをめくりながら
舞台が進行する「そこに書いてある」などがある。
【井上信太】
平面作家。羊飼いプロジェクトを中心に国内外で多数の展覧会を行う。
多領域のアーティストとのコラボレーション、劇場舞台、茶室など新しい空間での
平面構築に取り組み、次世代平面表現の可能性を探っている。

★めくるめく紙芝居とは?
「めくるめく紙芝居」は、障害のある人とない人、プロのアーティストが、
一緒に絵・ダンス・音楽を取り入れた紙芝居の舞台作品をつくるプロジェクトです。
2006年10月から、京都市山科区でワークショップを重ねて作品をつくってきました。
また、障害のある人もない人も、より「障害」なく楽しめる舞台環境づくりについて、提案・実践しています。

**********************************
by hanajoss | 2008-03-30 00:00 | 2008年のイベント