人気ブログランキング |

ガムラン&ワヤンHANA★JOSSのイベント情報です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
カテゴリ:H★J楽曲解釈・解説( 45 )
Beksan Gambir anom
Menceritakan kesatria Bambang Irawan yang sedang jatuh cinta sama Dewi Titisari(putri)
ジャワ舞踊。
バンバン・イラワンという勇士が、ティティサリ姫に恋焦がれる様を舞踊で表現している。
c0115958_23504081.jpg

舞踊:岡戸香里
by hanajoss | 2001-01-20 22:49 | H★J楽曲解釈・解説
Gambyong Pangkur
ガンビョン・パンクール(舞踊)
ガンビョンとは、本来、踊り手が歌いながら太鼓に合わせて踊る、即興的な要素が強い芸能で、村の豊穣祈願のための舞踊を起源としています。その後、スラカルタのマンクヌガラン王宮に入って洗練され、古典舞踊のひとつとなりました。現在は、結婚式などのお祝いや、客を迎えるために踊られることが多くなっています。ガンビョン・パンクールでは、娘が自身を飾ったり、身なりを整えたりする様子が描かれています。
(文:岡戸香里)
by hanajoss | 2001-01-20 22:46 | H★J楽曲解釈・解説
Gangsaran Kagok Liwung
Artinya semangat.Untuk mengiringi prajurit berbaris/Latihan perang.

Kagok Liwungは「精神力」「意欲」というような意味。
兵士が列をなして進む場面や、戦いの練習をする場面に用いられる。
まずガンサランという勢いのある曲からはじまり、
徐々にテンポが変化して、カゴリウンに移る。
そして再び太鼓によってテンポに変化が加わり、駆け抜けるように曲が終わる。
どっしりとした青銅打楽器の響きを聞く事ができる曲。
by hanajoss | 2001-01-20 20:20 | H★J楽曲解釈・解説
Jineman Glathik Glinding グラティッ・グリンディン
グラティッという種類の鳥。
農作物を餌にし、農民を困らせもするが、
その美しい鳥がいてくれるおかげで、
自然の風景はさらに美しく際立ち、それが農民の励みとなる。
その鳥を歌った曲。

歌詞はいくつかある。上は一例。
by hanajoss | 2001-01-20 20:01 | H★J楽曲解釈・解説
Ilir-ilir
昔、ワリ・ソゴという9人のイスラム教の聖者が、
ジャワの地でその教えを説いて回ったといいます。
この歌も、そのワリ・ソゴが残したものだと言われています。
稲を人にたとえ、人はいかに生きるべきであるかを、
ジャワの芸能である美しいガムランの調べとともに歌っています。


Ilir ilir tandure wus sumilir
目覚めると 稲が風にそよいでいる


Tak ijo royo-royo, tak sengguh temanten anyar
その緑はまさに緑 まるで新婚のよう


Bocah angon penekno blimbing kuwi
羊飼いのこどもよ ブリンビンの木に登りなさい  
        (その実から溢れでる水は清らか)


Lunyu-lunyu penekno kanggo mbasuh dodot ira
露にぬれた木はつるつるとすべるが お前の服を洗うため登るのです
        (その水で魂を洗い清める)


Dodot ira kumitir bedahing pinggir
その服は 風に吹かれ 破れもしよう
        (人は過ちもおかす)


Domono jlumatana kanggo seba mengko sore
夕方にむけて 縫っておきなさい
(未来)


Mumpung padang rembulane
まだ月が明るいうちに


Mumpung jembar kalangane
時間がたっぷりあるうちに


Ya surako surak hiyo
さあ 楽しみながら
by hanajoss | 2001-01-18 17:36 | H★J楽曲解釈・解説
Kaduk Rena
●ハナジョス的解釈●
これは、ワヤン「スマントリとスコスロノ」の中で、
ふたごであるスマントリとスコスロノの
この世の命を終える時の歌としています。
ふたりは
この世の重荷から解き放たれ
広い空をかけのぼり
たましいのふるさとへ帰ります。
そこで永久の幸せを見つけるのです。
Interpretasi HanaJoss
Gending ini kami bunyikan untuk mengiringi
gugurnya Sumantri dan Sukasrana.
keduanya bebas beban dunia nyata,
artinya kembali ke asal mula naik angkasa luas.
menemukan kebahagiaan abadi.




kaduk rena
E angin mangidit milir
Anginnya berhembus
風が吹いている

arum arum lumrang banjaran sari
harum baunya semerbak mewangi
花 香り高く

E angin mangidit milir
Anginnya berhembus
風が吹いている

arum arum lumrang banjaran sari
harum baunya semerbak mewangi
芳しき香りたちこめる

Kedhep tesmak myat sekar nedheng umekar
Kedip melihat bunga yang sedang berkembang
瞬きの間に 咲かんとする花

kaduk rena bremara ngisep sarine
bahagia seperti kumbang menghisap sarinya
蜜を吸うは 甲虫の幸せ

ngengengeng sikombang iku
berdengung kumbang itu
甲虫は 羽音をたてながら

nesep sejatining madu
menghisap sari-sarinya bunga
花の蜜を吸い

sirnaning lungkrah lan lesu
hilang rasa lelah dan lesu
疲れと無力感を癒した

ibere elar ambabar
terbangnya semakin jauh
そして遠くへ飛び立った

laju laju ibere lumayang ing awang awang
semakin jauh melayang di angkasa
広い天空を 飛んで 飛んで

mencok ing pang hinggap di ranting
枝に腰を下ろすと

rena anyanding kembang
bahagia di dekat bunga
ふたたび花に その身を寄せた
by hanajoss | 2001-01-16 13:40 | H★J楽曲解釈・解説
Kinanthi
歌詞と対訳(10年前にもらった資料コピーより)

Kinanthi
1Nalikaniro ing dalu,
wong agung mangsah semedi,
sirep kang bala wanara,
sadaya wus vsami guling,
nadyan ari Sudarsana,
wus dangu nggenira guling.

2Kukusing dupa kumelun,
ngeningken tyas sang Apekik,
kawengku sagung jajahan,
nanging sanget angikibi,
sang resi Kanekaputra,
kang anjog saking wiyati.

キナンティ
1夜は更け渡り
 大いなる者は瞑想にふける
 猿軍は静寂の中に
 夜の夢を追う
 心善き舎弟スダルソノ
 すでに寝所に久しい

2香の煙立ち昇り
 偉大なる者心静澄にして
 もろもろの理法は顕われてある
 しかして、ひそやかに
 サング・ルシ・カネコプトロ 
 天より降り立ちぬ
by hanajoss | 2001-01-16 01:25 | H★J楽曲解釈・解説
Kinanthi
Kinanthi
1Punapa ta mirah ingaun,
prihatin waspa gung mijil,
tuhu dahat tanpa karya,
sengkang rinemukan gusti,
gelung rinusak sekarnya,
sumawur gambir melati.

2Upama tyasemanggungkung,
mulating sira dyah hari,
sayekti melu mangarang,
telase riris gumanti,
ingkang taranggana sumyar,
remek daning salah kapti.

キナンティ
1どうしたのだろう恋人よ
 その湧き出る大粒の涙は
 ほんとうにせんないことなのに
 ことばを千々に乱し
 結い上げた髪を飾る花々を
 ジャスミンやガンベルの花を
 まき散らしたところで

2もしいつもそんなに悲しいなら
 私のいとしい妹よ
 心からあなたに力を貸そう
 その涙の雨がやむように
 ひかり輝く晴れ間が見たい
 そんな悲しみなど誤解から
 来ているのだから
by hanajoss | 2001-01-16 01:00 | H★J楽曲解釈・解説
Kinanthi sandhung (kinanthi gandrong)
Wus dangu pun kakang wuyung
Mareng yayi wanodyodi
Tuhu wanita utama
Mustikaning para putri
Muga tansah pinaringan
Kanugrahan kang sejati

Sudah lama saya jatuh cinta
Padamu
Benar-benar wanita yang luhur
Mustikanya para putri
Mudah-mudahan mendapatkan
Kebahagiaan yang abadi


長く恋をしてきた
あなにに
真に高貴なるひと
宝石のように美しい
永遠の幸せが
私に訪れますよう



上から
ジャワ語
インドネシア語
日本語
by hanajoss | 2001-01-16 01:00 | H★J楽曲解釈・解説
Ketawang Laras Maya
Lagu ini dimainkan pada waktu upacara pernikahan Jawa,
kususnya daerah Surakarta.
この曲はジャワの結婚式、特にスラカルタ地方で演奏される曲。

Cakepan(歌詞)

1 Sapunika sampun rawuh
Temanten kakung lan putri
Pindha sasangka tumedak
Kembar cumlorot mblerengi
Weh sukaning kang tumingal
Prasasat ketiban rukmi

2 Pindha Jawata tumurun
Kamajaya kamaratih
Dewa dewaning asmara
Kang Anggung tansah karonsih
Pepuletan kanthen asta
Tuhu dahat milangoni



インドネシア訳
1 Sekarang sudah datang
Pengantin laki2 dan perempuan
Seperti bulan turun
Kembar berkilap menyilaukan
Memberi kebahagiaan pada orang yang melihat
Seperti dapat keberuntungan

2 Seperti dewa yang turun
Kamajaya dan Kamaratih
Dewa cinta
yang selalu bercinta
Bergandengan tangan erat2
Benar2 kelihatan mempesona


日本語訳
1今やってきました
新郎新婦の入場です
月でも降りてきたような
二人の輝きがまぶしい
見るものに幸を与える
まるで幸福を得たよう

2まるで神が降りてきたよう
コモジョヨとコモラテ
愛の神
いつも愛に満ちている
かたく手を握り合い
本当になかむつまじい
by hanajoss | 2001-01-15 23:54 | H★J楽曲解釈・解説